JACリクルートメント リクナビNEXT

JACリクルートメントとリクナビNEXTは比較するのではなく複数利用すべき理由をプロが解説

悩めるビジネスウーマン
JACリクルートメントとリクナビNEXT(リクナビネクスト)のどちらを使うべきか迷っています。
今回が初めての転職で、転職先のイメージはまだなく、いろいろと検討してみようかなと思っている状況です。
このような場合、JACリクルートメントとリクナビNEXTを比較すると、どちらを使う方がおすすめですか?

 

今回のテーマは「JACリクルートメントとリクナビNEXTを比較するとどちらがおすすめか」である。

結論から申し上げると「JACリクルートメントとリクナビNEXTは同じ転職サービスでも形態が異なり、強みとする領域も全く異なる。補完関係にある転職サービスであり、双方完全に無料で使えることも考えると、どちらも使うべき」ということを解説した内容の記事になっている。

 

齋藤
リクナビNEXTとの比較に限らず、JACリクルートメントの評判について網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>JACリクルートメントの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事・転職のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験

 

この記事を読むことで、JACリクルートメントとリクナビNEXTの特徴と違いが分かり、最適なサイト・エージェントを使って転職活動ができるようになるだろう。

 

結論

JACリクルートメントは転職エージェント、リクナビNEXTは転職サイトであり、本質的に形態が異なることから、その違いは多岐にわたる。

JACリクルートメントリクナビNEXT
形態日系の人材紹介会社(転職エージェント会社)日系の人材紹介プラットフォーム(転職サイト)
特徴単一のエージェントとして日本最大級の非公開求人を抱えており、ホワイトカラーの転職では日本一の売上高を誇る日本最大級の求人サイト。あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
転職エージェントのレベルよく教育されており、レベルは高い転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心。エージェントもいるがレベルは様々
保有求人の強み外資系とグローバル日系大企業、ミドルクラス~ハイクラスに強い日本最大級の求人が集まる。ハイクラス以外は何でもある
保有求人の弱みベンチャー企業に弱いハイクラスはほぼなく、ミドルクラスも弱め。年収1000万以上になると使えない

(※ 上記の表は左右にスクロール可能)

 

上記の違いを踏まえると、以下のような理由から、JACリクルートメントとリクナビNEXTを双方使うことで幅広く転職可能性を探ることができる

  1. 求人の領域が被っておらず、補完関係にある
  2. JACを入れることで最低限のレベルを担保し、選考対策や年収交渉サービスも受けられる
  3. 双方、無料で利用可能である

 

>>JACリクルートメントの評判・口コミを人事プロが解説

>>リクナビNEXTの評判・口コミを人事プロが解説

 

JACリクルートメントとリクナビNEXTの特徴と違い

まず、JACリクルートメントとリクナビNEXTの特徴と違いについてそれぞれ簡単に述べる。

 

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントの特徴は以下である。

  • 日系の人材紹介会社(転職エージェント会社)である。東証プライム上場
  • 日本最大級の非公開求人を抱えており、ホワイトカラーの転職では日本一の売上高を誇る
  • 転職エージェントはよく教育されており、レベルは高い
  • 外資系と、グローバル日系大企業に強い。レベルで言えば、ミドルクラス~ハイクラスの求人に強い
  • ベンチャー企業に弱い

 

JACリクルートメントは、一般的にはリクナビやマイナビ、ビズリーチほどの知名度はないかと思う。

しかしながら、実は単一の転職エージェントとしては日本一の売上高を誇る。

 

齋藤
筆者はJACリクルートメントの役員と直接話したことがありますが、世界一の人材系企業を目指しているとのことでした。

 

リクナビNEXTの特徴

リクナビNEXTの特徴は以下である。

  • 日系の人材紹介プラットフォーム(転職サイト)である。親会社のリクルートホールディングスは東証プライム上場
  • 日本最大級の転職サイト。多種多様な企業と転職エージェントが集まる
  • 掲載求人の数は日本一だと思われる。リクナビ内部で活動する転職エージェントも多いが、そのレベルは様々
  • ハイクラス(および一部ミドルクラス)は「リクルートダイレクトスカウト」とサービスを分けているため、ミドルクラス~ハイクラス求人は少ない

 

リクナビNEXTは、マイナビ転職やビズリーチなどと同じ、転職サイトである。

企業や転職エージェントの依頼を受け、求人を「リクナビNEXT」という自社媒体に掲載させるのが主要業務である。

 

新卒の就活の際、リクナビにお世話になった人は多いだろう。

名称からも明らかだが、リクナビの中途(転職)バージョンが、リクナビNEXTである。

 

リクルート自体が日本最大の人材系企業であり、その運営するリクナビNEXTも同じように日本最大級の転職サイトである。

転職エージェントと異なり選考対策や年収交渉はやってくれないものの、その求人掲載数は圧巻である。

 

齋藤
おそらく、多すぎて全ての求人を見ることは不可能だと思います。

 

JACリクルートメントとリクナビNEXTの違い

JACリクルートメントとリクナビNEXTの違いをまとめると、以下である。

JACリクルートメントリクナビNEXT
形態日系の人材紹介会社(転職エージェント会社)日系の人材紹介プラットフォーム(転職サイト)
特徴単一のエージェントとして日本最大級の非公開求人を抱えており、ホワイトカラーの転職では日本一の売上高を誇る日本最大級の求人サイト。あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
転職エージェントのレベルよく教育されており、レベルは高い転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心。エージェントもいるがレベルは様々
保有求人の強み外資系とグローバル日系大企業、ミドルクラス~ハイクラスに強い日本最大級の求人が集まる。ハイクラス以外は何でもある
保有求人の弱みベンチャー企業に弱いハイクラスはほぼなく、ミドルクラスも弱め。年収1000万以上になると使えない

(※ 上記の表は左右にスクロール可能)

 

最も大きな違いは、JACリクルートメントが転職エージェントであり、リクナビNEXTが転職サイトである点だ。

 

リクナビNEXTは転職サイトの最大手であり、プラットフォームとしてWebサイト(リクナビNEXT)を持っている。

このリクナビNEXTに企業(例:ソニー)や転職エージェント(例:JACリクルートメント)の持っている求人を掲載させ、掲載料をとるのが仕事だ。

 

一方、JACリクルートメントは転職エージェントの最大手である。

企業(例:ソニー)から求人を預かり、その求人に合う人材をリクナビNEXTに入り込んで探したり、自社への登録者から探したりするのが仕事だ。

 

ユーザー(求職者)目線で言えば、リクナビNEXTのような転職サイトの方が探せる求人が幅広い一方で、JACのような転職エージェントは希望に近い求人をエージェントの方から提案してくれるというメリットがある。また、転職エージェントは選考対策や年収交渉などのサービスも行ってくれる。

 

齋藤
転職エージェントによっては、「今はない求人ポジション」をクライアント企業に働きかけて創り出してくれることすらあります。

 

このように転職サイトと転職エージェントは機能が違うので、どちらも利用するのがおすすめである。

詳しくは次項で解説する。

 

JACリクルートメントとリクナビNEXTを同時利用すべき理由

前項で解説したJACリクルートメントとリクナビNEXTの違いを踏まえると、JACリクルートメントとリクナビNEXTは同時利用すべきであると言える。

その理由はシンプルに以下の3つである。

  1. 求人の領域が被っておらず、補完関係にある
  2. JACを入れることで最低限のレベルを担保し、選考対策や年収交渉サービスも受けられる
  3. 双方、無料で利用可能である

 

それぞれ簡単に解説していく。

 

求人の領域が被っておらず、補完関係にある

リクナビNEXTがミドルクラス~ハイクラス求人を弱みとしているのに対し、JACリクルートメントはミドルクラス~ハイクラス求人が中心である。

さらに、JACリクルートメントがベンチャーを弱みとしているのに対し、リクナビNEXTにはベンチャー求人を強みとする転職エージェントが多数参入している。

 

このように、JACリクルートメントとリクナビNEXTは完全な補完関係にある。

 

齋藤
また、リクナビNEXTには外資系求人に強いエージェントが少ない一方、JACリクルートメントはJACインターナショナルという外資系特化ブランドを立ち上げるほど外資系に強いです。
外資系求人という観点でも補完関係にあると言えます。

>>JACインターナショナルの評判について人事プロが解説

 

JACリクルートメントとリクナビNEXTに双方登録することで、幅広い領域の求人を効率的に探索することが可能だ。

 

JACを入れることで最低限のレベルを担保し、選考対策や年収交渉サービスも受けられる

リクナビNEXTには日本最大級の数の企業・エージェントが集まっているため、(リクナビNEXTの弱みである)ハイクラスや外資系に興味がない方は、リクナビNEXTだけでいいのではないかと思うだろう。

しかしながら、リクナビNEXTの中にはどうしようもない企業の求人や無能なエージェントも多数含まれているため、転職に慣れていない人だとスクリーニング(選別)しきれないリスクがある。

 

齋藤
スクリーニングせず片っ端から会ってみた結果、微妙な企業やエージェントに多大な労力と時間を浪費し、転職活動自体がめんどくさくなってしまう方も多いです。

>>転職がめんどくさいという方へ。ゆるゆる転職のススメ。

 

しかしながら、JACリクルートメントではそういったリスクはない。

JACリクルートメントのエージェントは全て、日本最大の転職エージェント企業であるJACリクルートメントの社員であるからだ。

 

齋藤
かつ、ミドルクラス~ハイクラスだけではなく、第二新卒レベルでも求人があります。

>>JACリクルートメントの年収は?JACの求人の年収帯、エージェントの年収の両方をプロが回答

 

エージェントだけではなく、求人も「東証プライム上場企業(旧・東証一部上場企業)であるJACとして扱えるレベルかどうか」という観点であらかじめスクリーニングされているため、グローバル日系大企業・有名外資系企業を中心に質が高い。

 

さらに言えば、JACリクルートメントは転職エージェントなので、職務経歴書の添削などの選考対策や、年収交渉などのサービスも無料で受けることができる

 

リクナビNEXTにJACリクルートメントをプラスすることで、一定以上のレベル(質)のエージェントや求人に出会えることや、転職エージェントならではのサービスが受けられることが担保されるのである。

 

双方、無料で利用可能である

最後に、最も重要な点として、JACリクルートメントもリクナビNEXTも完全に無料で利用できることが挙げられる。

ビズリーチ等の例外は一部あるが、転職サイトや転職エージェントは、基本的に無料である。

 

齋藤
ちなみに、ビズリーチも使い方によっては十分無料で使えます。

>>ビズリーチでスカウトが来ない!スカウトをもらうための本質を伝授

 

仮に転職サービスが有料なのであれば慎重に比較検討する意味があるが、無料であれば「多くのサービスを使うほど良い転職が出来る可能性が高まる」というのが本質である。

>>転職エージェントは複数利用すべきか、注意点と選び方【プロが端的に解説】

 

まとめ

JACリクルートメントとリクナビNEXTは同時利用がおすすめである。

 

転職エージェントは複数利用すべきか、注意点と選び方【プロが端的に解説】」に記載したとおり、転職サービスは使えば使うほど成功しやすいことがデータで示されている。

その中でも特に、JACリクルートメントとリクナビNEXTは強み・弱みが相互に補い合っているため同時利用すべき組み合わせだと言える。

 

>>JACリクルートメントの評判・口コミを人事プロが解説

>>リクナビNEXTの評判・口コミを人事プロが解説

 

転職をお考えの方へ

人事としての経験上、転職活動が上手く行っていない方は転職サイト・エージェント選びが間違っていることが多かった。

当メディア「人事参謀」では、筆者が多くの転職サイト・エージェントと付き合ってきた経験から、年代・属性別に本当におすすめ出来る転職サイト・エージェントについて解説している。

また、データや根拠のない「おすすめ」「比較ランキング」は参考にしないことも重要である。

人事参謀では、以下のように転職経験者にアンケートをとった上で、転職サイト・エージェントの評判や口コミを分析している。

転職活動の入り口となる「転職サイト・エージェント選び」を間違えると、大切なキャリアを傷つけてしまうこともあるので、ご注意いただきたい。

JACリクルートメント リクナビNEXT
最新情報をチェックしよう!