転職サイト おすすめ ハイクラス

ハイクラス向け転職サイト・エージェントおすすめ厳選3つ+α

悩めるビジネスパーソン

現在30代、大手の日系グローバル企業に勤めており、年収は1,000万円程度です。
転職を考えているためハイクラス転職について色々と検索しているのですが、「ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェント比較ランキング」的なタイトルの記事には根拠のない、信憑性の低い内容が多いです。
実際にハイクラス転職をされたご経験も踏まえ、データに基づき、厳選された「ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェント」をご教示いただけないでしょうか?

 

今回のテーマは「ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェント(基準やデータによる根拠があり、厳選したものに限る)」である。

結論から申し上げると、本記事は「ハイクラス求人数、エージェントの優秀さ、エージェントの専門性、独自求人や企業とのコネクションの強さ、データで見た利用ユーザー支持率の5つの要素で比較すると、ハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは①JACリクルートメント、②ビズリーチ、③エンワールドジャパンの3つに厳選できる。その根拠や、+αとして利用すべきサービスを含めて解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事・転職のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験

 

この記事を読むことで、転職サイト・転職エージェントのうちハイクラス転職におすすめなのはどれなのかを根拠・データとともに知ることができ、自身が利用すべき転職サービスが明らかになるだろう。

なお、ハイクラス向け以外も含めたおすすめの転職サイト・転職エージェントについては、以下の記事を参照していただきたい。

>>おすすめ転職サイト・エージェント|プロ厳選の比較ランキング

 

【根拠あり】ハイクラス転職におすすめする転職サイト・転職エージェントの基準

本記事において、ハイクラス転職の際におすすめする転職サイト・転職エージェントの基準は以下の通りである。

  1. ハイクラス求人数(年収800万以上)
  2. エージェントの優秀さ(提案の精度・スピード・年収交渉力)
  3. エージェントの専門性(ハイクラス転職や業界への知見)
  4. 独自求人や企業とのコネクションの強さ
  5. 利用ユーザー支持率(ポジティブな口コミの割合)

 

本記事では、上記の基準をそれぞれ5段階で採点したレーダーチャートとともに、ハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介している。

具体的な転職サイト・転職エージェントをご紹介する前に、上記を基準とした理由をそれぞれ簡単に解説しておく。

 

ハイクラス求人数(年収800万以上)

一般的な求人数と、ハイクラス求人数は全く異なる。

例えば、doda(デューダ)は15万件以上の求人数を誇る転職サービスだが、ハイクラス求人は非常に少ない。

 

当然ではあるが、ハイクラス転職を行うにあたっては、ハイクラス求人の数のみを気にする必要がある。

そのため、本記事では年収800万円以上のハイクラス求人の数を基準に入れている。

 

齋藤
本記事では一般的な基準に従って「ハイクラス転職=年収800万円以上の転職」としていますが、そこまで厳密には判断せず、概ね年収600万円以上であれば十分に使えるサービスを紹介しています。

 

転職エージェントの優秀さ(提案の精度・スピード・年収交渉力)

ハイクラス向けとなると、求人掲載型というよりはエージェント型のサービスがほとんどになってくる。

よって、エージェントの優秀さ、すなわち提案の精度やスピード、年収交渉力等もハイクラス転職におすすめ出来るかどうかの基準となる。

 

特に「年収交渉力」は、ハイクラス転職に求められることが多い「年収アップ」の成否に直結するため、より重要である。

 

エージェントの専門性(ハイクラス転職や業界への知見)

ハイクラス転職においては、主に①日系グローバル大企業か②外資系、または③ベンチャーや中小企業の役員・マネージャー等が主な転職先となる。

さらに、低い年収帯では行われにくい「年収交渉」や「独占求人」などの要素も当たり前になってくるし、ITや金融、製薬のようにハイクラス転職が行われやすい業界というものも存在する。

 

このようにハイクラスならではの要素があるため、ハイクラス転職においてはエージェントがハイクラス転職に精通しているかどうかが重要になる。

 

独自求人や企業とのコネクションの強さ

ハイクラス転職や外資系への転職では、エージェントと企業との間でのコネクションの強さが非常に重要になる。

ハイクラス転職になるとコンフィデンシャルな(秘匿性の高い)求人が増えるため、限られたエージェントにだけ候補者を探させることが多い(=独占・独自求人となる)からである。

 

また、企業とのコネクションが強いと年収交渉でプラスになったり、より高いポジションでの入社を交渉してくれるなど、プラスに働くことが多い。

以上のように、ハイクラス転職においては、独自求人や企業とのコネクションの強さも重要な基準となる。

 

利用ユーザー支持率(ポジティブな口コミの割合)

本項目は、完全にデータに裏付けられている。

各転職サービスの実際の利用者の458件の口コミを分析し、ポジティブ率(ポジティブな口コミの割合)を調査した結果を基に、5段階で得点を付けている。

>>転職サイト・転職エージェントの口コミを458件分析した結果を公開

 

ポジティブ率(ポジティブな口コミの割合)の具体的な結果は、以下の通りである。

転職サイト 口コミ データ分析結果

 

【厳選3つ】ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェント

本来、転職サイトや転職エージェントは1人の人間が長く使い、転職を繰り返さないと良し悪しが分からないはずである。

他の転職情報サイトでは「31社を比較」「34選」などと謳う記事もあるが、それらには意味も信憑性もないため、本記事においてはデータに基づいた前述の基準から「ハイクラス転職におすすめ」と断言できる、厳選3社をご紹介する

 

齋藤
筆者自身、ハイクラス転職(=年収800万円以上での転職)の経験が4回ありますので、その経験も踏まえて解説します。

 

早速だが、ハイクラス転職におすすめの転職サイト・エージェントだと確実に断言できるのは、以下の3つである。

  • JACリクルートメント ※ 日系グローバル企業と外資系企業を中心に、日本最大級の非公開求人を保持
  • ビズリーチ ※ 外資、日系グローバル、ベンチャーや中小企業の役員等、多種多様なハイクラス求人が集まる
  • エンワールドジャパン ※ エン(en)グループ傘下の外資系・グローバル日系特化のエージェント

 

齋藤
転職活動を1つの転職サービスだけで乗り切るのは(見逃す求人が多くなるため)おすすめしません。
多くの方にとって、自分に合った3つ~5つの転職サービスを利用するのが転職における費用対効果(労力対効果)が最も高い方法だと思います。

 

JACリクルートメント

転職サイト おすすめ ハイクラス JACリクルートメント

JACリクルートメント 公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp

 

JACリクルートメントは、ホワイトカラー(≒会社員)転職での売上高で日本一を誇る、日系の転職エージェントである。

 

レーダーチャートを見ていただくと分かる通り、ハイクラス転職(および外資転職)において、JACリクルートメントは最高のエージェントであると言っていいだろう。

ハイクラス転職になると、転職先としては外資系と日系グローバル大手企業がほとんどになってくるが、JACリクルートメントはその2つ(外資・日系グローバル)を専門としている。

 

JACリクルートメントはミドルクラス・ハイクラス専門のエージェントであるため、ハイクラス転職における知見や独占求人、企業とのコネクション等も十分であり、エージェントのレベルも総じて高い。

さらに特筆すべきこととして、エージェントの誠実さが挙げられる。止めなければ(手数料として)自身の利益になるときであっても、転職すべきでないと判断すれば転職を止めたりもする。

 

結果として、JACリクルートメント利用者からのポジティブな口コミの割合は、全転職サービスでトップの83.0%である。

JACのネガティブな点も述べたいが、ハイクラス転職においては見つからない。筆者も長年お世話になっており、ハイクラス転職をするのであれば絶対に使ってみてほしいエージェントである。

 

 

ビズリーチ

転職サイト おすすめ ハイクラス ビズリーチ

ビズリーチ 公式サイト:https://www.bizreach.jp

 

ビズリーチは、ハイクラス転職において最も広い選択肢を与えてくれる転職サイトである。

 

ビズリーチの保有求人数は8万件程度。これはリクナビNEXT(6万件程度)よりも多いのだが、特筆すべきはこのうちの多くがミドルクラス・ハイクラス求人であること。

つまり、ビズリーチは、ハイクラス求人だけで数万単位の求人を保持していると言えるである。

 

さらに、ビズリーチはハイクラス求人としての多様性も担保している。

つまり、外資系、グローバル日系、そしてベンチャーや中小企業の役員求人と、ハイクラス求人として存在するあらゆるタイプの求人を揃えており、独占求人も多い

 

齋藤
特に、ベンチャーや中小企業の役員求人に強いことは、他のハイクラス向け転職サービスにはない強みです。

 

ビズリーチの弱みは、求人サイトであるがゆえに外部エージェントしかいないことである。

外部エージェントのレベルには大きな差があり、筆者の印象でも、ユーザーの口コミを見ても、イマイチなエージェントが大量に入り込んでいることは事実である。

 

とはいえ、ビズリーチは唯一無二の性能を持つため、JACとともにハイクラス転職には必須と言ってよい転職サービスであることは間違いない。

実際、ユーザーからの支持率(ポジティブな口コミの割合)も69.1%と、JACリクルートメントに次いで2位と非常に高いのである。

 

 

エンワールドジャパン

転職サイト おすすめ ハイクラス エンワールドジャパン

エンワールドジャパン 公式サイト:https://www.enworld.com

 

エンワールドジャパンは、日系の転職大手エン(en)グループの子会社であり、外資系企業と日系グローバル企業に特化している。

JACリクルートメントに近い得意領域を持つが、持っている求人に少し特徴がある。それは「独占求人・独自求人は少なめだが、有名どころや大手の求人は大体網羅的に持っている」ということである。

 

つまり、エンワールドジャパンを利用しておけば、ハイクラス転職のメインとなる外資系や日系グローバル企業の求人の中で、自身の希望条件に近いものを見逃すことが減るということだ。

エージェントのレベルも平均的に高く、イマイチなエージェントもほぼ見ない。

 

レーダーチャートの形にも表れているが、エンワールドジャパンは、ハイクラス転職において安定的なパフォーマンスが期待できるエージェントである。

ハイクラス転職をするのであれば、「知っていたら応募していたのに」という求人の抜け漏れによる後悔を防ぐために登録しておくと良いだろう。

 

 

【+α】ハイクラス転職をする方の一部におすすめの転職サイト・エージェント

ここまで、ハイクラス転職をしたい方であれば全員におすすめ出来る転職サイト・転職エージェントを3つ厳選してご紹介してきた。

 

ここからは、ハイクラス転職をする中でも、一部の方におすすめ出来る転職サービスをご紹介しておく。

厳選した3つの中には人材企業最大手のリクルート社およびマイナビ社が含まれていなかったため、それらの持つ求人を追加することで、自分に合った求人案件を逃さないようにするための提案である。

 

齋藤
基本的には、JACリクルートメントとビズリーチ、そしてエンワールドジャパンの3つを利用すれば十分です。
それらを使っても不足を感じる方のための提案となります。

 

リクルートエージェント

転職サイト おすすめ ハイクラス リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト:https://www.r-agent.com

 

リクルートエージェントはその求人数やエージェントの優秀さから、世代を問わずおすすめできる数少ない転職サービスである。

 

しかしながら、ハイクラス向けに限ってはその万能性にもやや陰りが見える。

リクルートエージェントが保有するハイクラス向けの求人数は限られており、ハイクラスに限っては独自求人や企業とのコネクションが強いとも言えない。

 

その一方で、エージェントが優秀であることや、リクルート社が顧客と話している中で出てきたミドルクラス・ハイクラスの独自求人を持っていることもまた事実である。

年収1,000万を超える求人はJACやビズリーチに任せた方が良いが、600万~1,000万程度の求人であれば3万件程度は保持している。

 

以上のことから、ハイクラス転職に限っては、リクルートエージェントの利用は必須とは言えない。

しかしながら、厳選した3つの転職サイト・エージェント以外に追加したい場合、かつ年収帯として600万~1,000万程度の求人を探している場合には、非常に有力な候補になってくるだろう。

 

 

マイナビエージェント

転職サイト おすすめ ハイクラス マイナビエージェント

マイナビエージェント 公式サイト:https://mynavi-agent.jp

 

マイナビエージェントは、本来は20代等の若手に強いエージェントである。

よってハイクラス向けとして紹介するのは若干違和感があるが、リクルートエージェントと同じく600万~1,000万円の年収レンジであれば8,000件程度の求人を持っている

 

ここまでハイクラス向けに紹介したサービスにはマイナビ社のサービスがなかったため、マイナビエージェントをプラスすることで探索範囲を広げることが出来ることがメリットである。

 

とはいえ、繰り返しにはなるが、基本的には厳選した3つ(JACリクルートメント、ビズリーチ、エンワールドジャパン)を使えば十分である。

それで足りなかったとしたらリクルートエージェントを足せば良いが、マイナビエージェントはリクルート社のサービスとは異なる求人を持っているため、その次の候補になり得るということである。

 

 

まとめ

本記事では、ハイクラス転職におすすめの転職サイト・転職エージェントについて解説してきた。

以下のハイクラス転職向けのサービスのうち、自分に合ったものを3つほど選んで使いこなせば、転職成功率は格段に高まる。

転職サイト おすすめ ハイクラス
最新情報をチェックしよう!