転職サイト おすすめ

プロのおすすめ転職サイト。この3つだけで転職成功率を2倍に

悩めるビジネスパーソン
転職サイトって、実際、本当の本当はどこがいいんだろう?選び方が分からない。
転職サイトの手先みたいなヤツじゃなく、転職サイトや転職エージェントを使って本当に転職に成功した人や、成功例・失敗例をたくさん見ているプロに教えてほしい。

 

この記事では、「転職のプロでもあり、人事のプロでもある筆者のおすすめ転職サイト」をお教えする。

当サイトの運営者は、以下のプロフィールを持つ国内有数の人事プロフェッショナルである。

 

  1. 会社員として、30代前半で東証一部上場企業の執行役員 人事部長 兼 経営企画室長(年収1,800万程度)
  2. 売上10兆円を超える世界的コングロマリットでの最年少人事シニアマネージャーとして毎週のように面接官を担当していた
  3. 筆者自身、30代前半までに3回転職し、その度に年収を上げてきた転職経験者
  4. 仕事や自身の転職で付き合った転職エージェントは軽く100人以上
  5. 現在は法人向けに人事顧問、個人向けに転職・出世コンサルティングを実施

 

本記事は、当サイト「LIVE EVIL」の中でも転職をお考えの方に最も役に立つ記事の一つとなっているので、是非最後までご覧いただければ幸いだ。

 

まず結論。「この3つだけ使えばOK」な転職サイト

結論だけ知りたいという方のために、「この3つだけ使えばOK」な転職サイトを記載しておく。

 

 

なぜ「この3つ」なのかを簡単に説明すると、それぞれ

 

  • エージェント型の最大手(リクルートエージェント)
  • 企業からのアプローチ型の最大手(ビズリーチ)
  • 求人掲載型の最大手(リクナビNEXT)

 

で構成されており、それぞれが補完し合って最も効率的に多くの求人をカバーできる組み合わせだからである。

 

【飛ばしてOK】転職成功率を2倍にする転職サイトの選び方

齋藤
この項は飛ばしていただいても構いません。
内容を端的に言うと、「掲載求人や活動する転職エージェントは転職サイトによって違うので、登録すればするほど有利になる」という趣旨のことを記載しています。
とはいえ、多くの転職サイトへの登録は非常に面倒ですので、当サイトでは「最も効果的な3つ」に絞って伝えています。

 

転職サイトは無数にあり、迷ってしまう方が多いのではないかと思う。

ここで、当サイトを訪れてくださった方のために、転職に成功する確率を2倍にする転職サイトの選び方をお教えしよう。

 

結論から申し上げると、それは「複数の転職サイトの併用」である。

 

・・・単純すぎて、効果がなさそうだろうか?

 

しかしながら、もう少しだけ聞いていただきたい。

実は、複数の転職サイトの併用が効果的なのは、プロであれば自明の真理なのである。

 

前述したように「転職」というのは、市場規模を見ても、検索数を見てもあまりに広い領域なので、転職サイト数自体が非常に多い。

企業やエージェント側からすると、利用料も高く、全てのサイト内で活動することは出来ない。

 

これにより、あるサイトに載っている求人が別のサイトに載っていない、あるサイトで活動しているエージェントが別のサイトでは活動していない、ということが非常に多くなっているのだ。

むしろ、「全ての転職サイトに載っている求人」や、「全ての転職サイトで活動しているエージェント」は存在しないといっていい。

 

よって、転職チャンスを逃さないために複数のサイトを併用する、つまりサイトに登録すればするほど有利になるのが転職だと言える。

「どの転職サイトを選ぶか」よりも「いくつの転職サイトを選ぶか」が重要なのだ。

 

齋藤
 もちろん、転職サイトの利用が有料であれば、そんな乱暴なおすすめの仕方は出来ません。
しかしながら、日本ではほとんどの転職サイトの利用料金は無料なのです。

 

まだ疑問をお持ちの方がいるかもしれないので、私自身の例を出そう。

 

冒頭に述べたことと重複するが、私は30代前半で年収1,800万程度と、一般的には恵まれた待遇であった。

しかしながら、そんな筆者も、5つ以上の転職サイトに登録し、毎日のように以下の観点で情報を集めていた。

 

  • 取締役として自分を雇いたい外資系企業・大手日系企業はないか?
  • 人事最高責任者(CHRO)として自分を雇いたい中堅企業・ベンチャー企業はないか?
  • ストックオプション等も含め、今より給与が上がる企業はないか?
  • 給与がどうでもよくなるほど面白そうな企業・仕事はないか?

 

さらに、仕事柄、転職エージェントや中途採用者から転職サイトについても聞く機会が多い。

その中で分かったことは、内定を勝ち取りまくっている人ほど、多くの転職サイトを利用しているということだ。

 

結論として、3つの転職サイトを併用することにより、転職チャンスは2倍程度になるというのがプロとしての体感値である。

(3倍にならないのは、重複した求人や、複数のサイトを使うエージェントがいるためである)

 

【3つに絞る】プロが本音でおすすめする転職サイト

ここまでで、転職サイトを複数併用するメリットはご理解いただけたのではないかと思う。

しかしながら、はっきり言って転職サイトへの登録作業は面倒だし、(多い方が良いとはいえ)ある程度登録すれば十分である。

 

その十分な転職サイト数とは、概ね3~5つ程度である。

そのため、ここからは、利用すべきおすすめの転職サイトについて具体的に3つだけ述べる。早速ご紹介していこう。

 

1. リクルートエージェント

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

まず、言わずと知れたリクルートエージェントである。

転職実績No.1が示す通り、日本在住で、かつ転職の可能性がある方であれば、誰もがとりあえず登録しておくべきサイトだと言える。

 

筆者自身、リクルートエージェントは毎回の転職で利用している。(結果として、このサイト経由で決まった時も、そうでなかった時もある)

さらに、人事マネージャーとしてリクルートキャリア(運営会社)の方に来てもらって求人内容を説明し、リクルートエージェント経由で部下を採用したこともある。

 

採用する側としてもされる側としても利用した経験から、求人数や使いやすさ、非公開求人の多さなど、全てが一定以上のレベルでまとまっており、総合力はNo.1だと思う。

多くの方がすでに登録しているとは思うが、まだ登録していなければ強くお勧めする。

 

 

2. ビズリーチ

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

次は、中~高年収帯の方であればほぼ使っているといっても良いビズリーチである。

 

ビズリーチは、珍しく「転職者側(ユーザー)」からもお金を徴収するタイプのサイトなので、登録をためらう方も多い。

(一方、実は企業側からもお金をとっているのはあまり知られていないかもしれない)

 

しかしながら、利用すると必ず有料、というわけではない。

むしろ、筆者はビズリーチで課金したことはない。実質的に全くお金を払わず、エージェントの方とやり取りをさせてもらっている。

 

実は、「この人には絶対に返事してほしい」という方には、企業側が「プラチナスカウト」と呼ばれる課金しなくても返信できるスカウトを出せるシステムになっているのだ。

(プラチナスカウトを出すために、企業側はビズリーチにお金を払っている)

 

他の特徴として、年収600万円以上を明確に求人の足切りゾーンにしていることが挙げられる。

これ以上の給与で転職したいという方であれば登録しておいて損はない。

 

 

3. リクナビNEXT

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクルートエージェントが「転職実績No.1」なら、リクナビNEXTは「転職利用者数No.1」である。

なんと、日本国内の転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しているので、そのシェアは圧倒的といえる。

 

こちらも転職の際には必ず登録しておくべきサイトで、私自身、過去の転職でフル活用してきた。

 

リクナビNEXTは、リクルートエージェントのような「スカウト中心型(主にエージェントからのスカウトを待つタイプ)」というよりも「求人掲載型(主に自分で探すタイプ)」である。

日本全国の公開求人の大多数が載っており、職務経歴書なども非常に書きやすいため転職者の必須サイトの一つだと言える。

 

齋藤
求人掲載がメインのサイトではありますが、日本最大の転職サイトなのでサイト内で活動する転職エージェント数も膨大です。
実際、定期的にベンチャーの役員求人を紹介してくれる懇意のエージェントにはリクナビNEXTで出会っています。

 

しかしながら、リクナビNEXTには明確な弱点があり、エグゼクティブ求人やエグゼクティブ対象のエージェントが少ない。

年収1,000万以下だった頃はたくさんのメールがもらえたが、その給与レンジを超えるとリクナビNEXTからの通知が激減した。

 

リクナビNEXTの弱点である「エグゼクティブ層」「年収1000万以上」に当てはまらないのであれば、利用しない手はないサイトだと思う。

逆にすでに高年収なのであれば、ビズリーチリクルートエージェントが役に立つだろう。

 

ほとんどの方が登録済のサイトではあると思うが、まだ登録していなければ必須なサイトだと思う。

 

 

まとめ

繰り返しになるが、日本在住のビジネスパーソンであれば、リクルートエージェントビズリーチリクナビNEXTに登録しておけば間違いない。

それぞれ「エージェント型」「企業からのアプローチ型」「求人掲載型」の最大手であり、相互に補完し合って最も効率的に多くの求人をカバーできる組み合わせだからである。

 

リクルートエージェント 公式サイトはこちら【必須】

ビズリーチ 公式サイトはこちら【必須】

リクナビNEXT 公式サイトはこちら【必須】

 

場合によっては、エージェントによる手厚いサポートに定評のあるdodaへの登録や、外資や大手日系企業に強いJACリクルートメントへの登録も検討する価値がある。

あなたがコンサルタントであるか、コンサル業界を検討しているならアクシスコンサルティングも役に立つ。

 

doda 公式サイトはこちら【手厚いサポートを受けたい場合】

JAC Recruitment 公式サイトはこちら【外資や日系大手を目指す場合】

アクシスコンサルティング 公式サイトはこちら【あなたがコンサルであるか、コンサルを検討している場合】

 

上記のサイトをフルに利用して3か月転職活動をしても転職できないという場合は、率直に申し上げて転職サイトではなく転職の考え方やスキルに問題がある可能性が高い

転職サイト おすすめ
最新情報をチェックしよう!