転職サイト おすすめ

プロのおすすめ転職サイト・転職エージェント。この3つだけで転職成功率を2倍に

悩めるビジネスパーソン
転職サイトや転職エージェントは、実際、本当はどこがいいのでしょうか?
選び方が分からないが、ネットに書いてあることもあまり信じられません。
転職サイトや転職エージェントを使って本当に転職に成功した人や、成功例・失敗例をたくさん見ているプロとして、本音で教えてください。

 

この記事では、「転職のプロでもあり、人事のプロでもある筆者のおすすめ転職サイト・転職エージェント」をお教えする。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 自身の4回の転職経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、コンサルティングファームまで経験)
  • トップティアの外資系戦略コンサルティングファームを含む、数々の難関企業の選考に自身が合格してきた経験
  • 人事マネージャーとして多数の候補者の面接を行った、面接官としての経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェント・転職サイトと契約し、ダイレクトスカウトを含め採用を指揮・実施した経験
  • 転職により、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1800万に至った経験

 

本記事は、当サイト「人事参謀」の中でも転職をお考えの方に最も役に立つ記事の一つとなっているので、是非最後までご覧いただければ幸いだ。

 

まず結論。「この3つだけ使えばOK」な転職サイト・転職エージェント

結論だけ知りたいという方のために、「この3つだけ使えばOK」な転職サイト・転職エージェントを記載しておく。

 

 

なぜ「この3つ」なのかを簡単に説明しよう。

これらはそれぞれ、

  • 求人掲載型の最大手(リクナビNEXT)
  • 企業からのダイレクトアプローチ型の最大手(ビズリーチ)
  • 独占求人特化エージェント型の最大手(JACリクルートメント)

で構成されている。

よって、それぞれが補完し合って最も効率的に多くの求人をカバーできる組み合わせとなっているためである。

 

【飛ばしてOK】転職成功率を2倍にする転職サイトの選び方

齋藤
この項は飛ばしていただいても構いません。
内容を端的に言うと、「掲載求人や活動する転職エージェントは転職サイトによって違うので、登録すればするほど有利になる」という趣旨のことを記載しています。
とはいえ、多くの転職サイトへの登録は非常に面倒ですので、当サイトでは「最も効果的な3つ」に絞って伝えています。

 

転職サイトや転職エージェントは無数にあり、迷ってしまう方が多いのではないかと思う。

ここで、当サイトを訪れてくださった方のために、転職に成功する確率を2倍にする転職サイトの選び方をお教えしよう。

 

結論から申し上げると、それは「複数の転職サイトの併用」である。

 

・・・単純すぎて、効果がなさそうだろうか?

 

しかしながら、もう少しだけ聞いていただきたい。

実は、複数の転職サイトの併用が効果的なのは、プロであれば自明の真理なのである。

 

前述したように「転職」というのは、市場規模を見ても、検索数を見てもあまりに広い領域なので、転職サイト数自体が非常に多い。

企業やエージェント側からすると、利用料も高く、全てのサイト内で活動することは出来ない。

 

これにより、あるサイトに載っている求人が別のサイトに載っていない、あるサイトで活動しているエージェントが別のサイトでは活動していない、ということが非常に多くなっているのだ。

むしろ、「全ての転職サイトに載っている求人」や、「全ての転職サイトで活動しているエージェント」は存在しないといっていい。

 

よって、転職チャンスを逃さないために複数のサイトを併用する、つまりサイトに登録すればするほど有利になるのが転職だと言える。

「どの転職サイトを選ぶか」よりも「いくつの転職サイトを選ぶか」が重要なのだ。

 

齋藤
 もちろん、転職サイトの利用が有料であれば、そんな乱暴なおすすめの仕方は出来ません。
しかしながら、日本ではほぼ全ての転職サイトの利用料金が無料なのです。

 

まだ疑問をお持ちの方がいるかもしれないので、筆者自身の例を出そう。

 

冒頭に述べたことと重複するが、私は30代前半で年収1,800万程度と、一般的には恵まれた待遇であった。

しかしながら、そんな筆者も、5つ以上の転職サイトに登録し、毎日のように以下の観点で情報を集めていた。

 

  • 取締役として自分を雇いたい外資系企業・大手日系企業はないか?
  • 人事最高責任者(CHRO)として自分を雇いたい中堅企業・ベンチャー企業はないか?
  • ストックオプション等も含め、今より給与が上がる企業はないか?
  • 給与がどうでもよくなるほど面白そうな企業・仕事はないか?

 

さらに、仕事柄、転職エージェントや中途採用者から転職サイトについても聞く機会が多い。

その中で分かったことは、多くの内定を勝ち取っている人ほど、多くの転職サイトを利用しているということだ。

 

結論として、3つの転職サイトを併用することにより、転職チャンスは2倍程度になるというのがプロとしての体感値である。

 

齋藤
なぜ3倍にならないかと言うと、重複した求人や、複数のサイトにまたがって活動するエージェントがいるからです。

 

【3つに絞る】プロが本音でおすすめする転職サイト・転職エージェント

ここまでで、転職サイトや転職エージェントを複数併用するメリットはご理解いただけたのではないかと思う。

しかしながら、はっきり言って転職サイト・転職エージェントへの登録作業は面倒だし、(多い方が良いとはいえ)ある程度登録すれば十分である。

 

齋藤
実際、「転職活動が面倒である」という方は非常に多いです。実際に、当サイトでも最もよく読まれる記事の一つが「転職がめんどくさいという方へ。ゆるゆる転職のススメ。」になっています。

 

転職活動に十分な「ある程度」の転職サイト・転職エージェント数とは、概ね3~5つ程度である。

そのため、ここからは、利用すべきおすすめの転職サイト・転職エージェントについて具体的に3つだけ述べる。早速ご紹介していこう。

 

1. リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

最初から既に多くの方がご存知のサイトで申し訳ないのだが、紹介しないわけにもいかない。

リクナビNEXTは「転職利用者数No.1」であり、日本国内の転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している

転職の際には必ず登録しておくべきサイトで、筆者自身、過去の転職でフル活用してきた。

 

リクナビNEXTは、「スカウト中心型(主にエージェントからのスカウトを待つタイプ)」というよりも「求人掲載型(主に自分で探すタイプ)」である。

日本全国の公開求人の大多数が載っており、職務経歴書なども非常に書きやすいため転職者にとって必須となるサイトの一つだと言える。

 

齋藤
求人掲載がメインのサイトではありますが、日本最大の転職サイトなのでサイト内で活動する転職エージェント数も膨大です。
実際、定期的にベンチャーの役員求人を紹介してくれる懇意のエージェントにはリクナビNEXTで出会っています。

 

しかしながら、リクナビNEXTには明確な弱点があり、エグゼクティブ求人やエグゼクティブ対象のエージェントが少ない。

年収1,000万以下だった頃はたくさんのメールがもらえたが、その給与レンジを超えるとリクナビNEXTからの通知が激減した。

 

リクナビNEXTの弱点である「エグゼクティブ層」「年収1000万以上」に当てはまらないのであれば、利用しない手はないサイトだと思う。

逆にすでに高年収なのであれば、この後述べるビズリーチやJACリクルートメントが役に立つだろう。

 

ほとんどの方が登録済のサイトではあると思うが、まだ登録していなければ必須となるサイトである。

 

 

2. ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

次は、中~高年収帯の方であればほぼ使っているといっても良いビズリーチである。

 

ビズリーチは、珍しく「転職者側(ユーザー)」からもお金を徴収するタイプのサイトなので、登録をためらう方も多い。

 

齋藤
一方、あまり知られていないかもしれませんが、実は企業側からもお金をとっています。
筆者は人事執行役員としてビズリーチでダイレクトリクルーティング(要はスカウト)をしていたので良く知っています。ビズリーチのスカウトに興味のある方は以下の記事をご覧ください。

>>ビズリーチでスカウトが来ない!スカウトをもらうための本質を伝授

 

しかしながら、ビズリーチは利用すると必ず有料、というわけでもない。

むしろ、筆者はビズリーチで課金したことはない。実質的に全くお金を払わず、エージェントの方とやり取りをさせてもらっている。

 

実は、「この人には絶対に返事してほしい」という方には、企業側が「プラチナスカウト」と呼ばれる課金しなくても返信できるスカウトを出せるシステムになっているのだ。

(プラチナスカウトを出すために、企業側はビズリーチにお金を払っている)

 

他の特徴として、年収600万円以上を明確に求人の足切りゾーンにしていることが挙げられる。

この付近かそれ以上の給与ゾーンにいて、転職したいという方であれば登録しておいて損はない。

 

 

3. JACリクルートメント

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

 

おそらく、リクナビNEXTとビズリーチはご存知だったのではないだろうか。

この2つに比べて知名度はないが、実は日本最大級の非公開求人数(6割以上が非公開求人)を誇り、ミドルクラス・ハイクラスの転職満足度でNo.1なのがJACリクルートメントである。

 

筆者も何度かお世話になっており、何人ものJACリクルートメント在籍のエージェントを知っているが、ここのエージェントの平均レベルは高い。

「ハイクラス・ミドルクラス」「年収800万~1500万以上」という記載に尻込みしてしまう方もいるかもしれないが、実は第二新卒を含めてかなり幅広く扱っているので、大丈夫だ。

 

齋藤
よく見ると「転職で年収800万~1500万以上に」と書いてあり、現在すでに800万以上である必要はありません。
年収帯で言えば、400~500万円くらいからの求人を取り扱っています。将来的にそのレンジになりたい方であれば、登録して損はないかと思います。

 

筆者は知人から転職の相談をされることが多いが、その中でJACリクルートメントをおすすめしたことが何回かある。

JACリクルートメント経由で転職が決まった知人も、そうでない知人もいるのだが、総じて「JACリクルートメントは教えてもらってよかった」と言ってくれることが多い。

 

筆者が自身をもっておすすめできる数少ない転職エージェントのひとつである。

 

 

まとめ

繰り返しになるが、日本在住のビジネスパーソンであれば、リクナビNEXT・ビズリーチ・JACリクルートメントに登録しておけば間違いない。

それぞれ「求人掲載型」「企業からのアプローチ型」「独占求人特化エージェント型」の最大手であり、相互に補完し合って最も効率的に多くの求人をカバーできる組み合わせだからである。

 

 

上記のサイトをフルに利用して3か月転職活動をしても転職できないという場合は、率直に申し上げて転職サイトではなく転職の考え方やスキルに問題がある可能性が高い

転職サイト おすすめ
最新情報をチェックしよう!