doda 評判

doda(デューダ)の評判・口コミを人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
転職を考えている中でdoda(デューダ)のCMを見て、登録しようかどうか迷っています。
doda(デューダ)の評判・口コミについて教えてください。

 

今回のテーマは「doda(デューダ)の評判・口コミはどうなのか」である。

結論から申し上げると「①2ch(5ch)の評判・口コミ、②Twitterの評判・口コミ、③他との比較、④転職経験者への独自アンケートデータ、⑤プロの評価、の全ての観点でdoda(デューダ)の評判・口コミを調査してみると、日本トップクラスの保有求人数を誇り、特に20代向けの求人数に強みを持つ転職サービスだと言える。ただし向かない人もいるので、使うべき人、使うべきでない人を含めて、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

本記事では、以下の視点でdoda(デューダ)の評判・口コミについて徹底的に調査したうえで、使うべき人、使うべきでない人まで解説している。

  1. 2ch(現・5ch)での評判・口コミ
  2. Twitterでの評判・口コミ
  3. 他の転職サイト・転職エージェントと比較した際の評判・口コミ
  4. 「最も良かった転職サイト・エージェント」について実際の転職経験者にアンケートをとった際のランキング
  5. プロの目から見た評価

 

この記事を読むことで、ネガティブな点も含めた実際のdoda(デューダ)の評判・口コミが分かり、あなたがdoda(デューダ)に登録すべきかどうかについて必ず結論が出せるだろう。

なお、doda(デューダ)以外も含めたおすすめの転職サイト・転職エージェントについては、以下の記事を参照していただきたい。

>>おすすめ転職サイト・エージェント|プロ厳選の比較ランキング

 

結論(dodaの評判まとめ)

まず本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

 

doda(デューダ)の2ch(5ch)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  • 求人数が多い
  • 20代しか使わない方がいい、20代にはおすすめ
  • 不満はない、実際に転職が決まった
  • dodaは求人をどんどん提案してきてくれる
  • 経歴はよくないのにエージェントが本当に良くしてくれて決まった
  • 全くマッチしてない、ろくでもない求人ばかり送られてきた
  • doda社内での選考落ちが多く、他社より厳しい(短期離職や未経験職種、35歳以上や第二新卒は弾かれる)
  • 連絡が遅かったり、なかったりして使いづらかった
  • dodaの転職エージェント機能は弱いため、転職サイトだと思った方がいい
  • 30代後半からはdodaでは苦戦している人が多い
  • 電話やメールがしつこい

 

doda(デューダ)のTwitter(ツイッター)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  • 求人数が多くておすすめ
  • 実際にdodaを使って転職した
  • dodaの担当が凄く親切に対応してくれた。親身になってくれるし、優秀な人が多い
  • 20代の頃は良かったが、30代になると使えない
  • エージェントが最悪。希望は聞いてくれてないし職務経歴書はちゃんと読んでない
  • 登録したら迷惑メール並みにメールが来てウザい

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のdoda(デューダ)の評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 転職サイトであり、転職エージェントでもある珍しいサービスである
  2. 日本最大級の保有求人数を誇る
  3. 20代~30代前半向けの転職に強い
  4. エージェントのレベルには厳しい評判が多い
  5. 求人の質として、質が悪いものも含まれるため選別が必要

 

転職経験者へのアンケート結果から見ると、転職サービス全体でdoda(デューダ)を最もおすすめとしていた人は18.0%もおり、リクルートのサービス(リクルートエージェント、リクナビNEXT)と並び最も多い

  1. リクルートエージェント
  2. リクナビNEXT
  3. doda(デューダ)

 

人事のプロとしてのdoda(デューダ)の評価は、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 日本の全ての転職サービスの中でもトップクラスの求人数を誇る
  2. 転職エージェント機能と、求人サイト機能を併せ持つ
  3. 総合系エージェントの中では、20代~30代前半までの若手層に力を入れているエージェントである
  4. 求人情報の紹介メールを送り過ぎで、求人紹介の精度が低い
  5. 求人紹介の精度が低いわりにdoda内の書類選考が厳しいので、落とされる人が多い
  6. エージェントがあまり機能していない(もちろん、中には良いエージェントもいる)
  7. ハイクラス(年収1,000万程度)案件は少ない

 

以上の内容から、以下の全ての項目に当てはまる人であれば、特にdoda(デューダ)を使うべきであると言える。

  • 大手の転職サービス(リクルートエージェント、リクナビNEXT、dodaレベル)に一つも登録していない人
  • 20代から30代前半で、初めての転職を考えている人
  • とにかくたくさんの求人を見たい人(求人の量を重視する人)
  • すでにメインとなる転職サイト・転職エージェントがあり、見られる求人の幅を広げるためにサブとしての転職サービスを探している人

 

doda(デューダ)は求人サイト機能と転職エージェント機能を併せ持つ転職サービスである。

求人量は圧倒的であるが、エージェントの質や紹介の精度には不安もあり、大手サービスの中でも特にdodaを使うべき人は限られる。

 

評判を考慮して率直に評価すると、dodaは「絶対に登録が必須となる人は少ないが、他の大手に登録していない人や、20代~30代前半で求人の量を重視する人(たくさんの求人を見たい人)であれば使うべきサービス」となる。

 

 

doda(デューダ)の2ch(5ch)での評判・口コミ

次に、doda(デューダ)の2ch(5ch)での評判・口コミについて解説する。

抽出したコメントの情報元(ソース)は以下の2ch(5ch)スレッドである。

 

齋藤
2ch(5ch)における元のコメント(口コミ)が見たい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>doda(デューダ)の2ch(5ch)の評判・口コミをプロが調査・解説

 

まず、doda(デューダ)に関する2ch(5ch)のポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 求人数が多い
  • 20代しか使わない方がいい、20代にはおすすめ
  • 不満はない、実際に転職が決まった
  • dodaは求人をどんどん提案してきてくれる
  • 経歴はよくないのにエージェントが本当に良くしてくれて決まった

 

次に、doda(デューダ)に関する2ch(5ch)のネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 全くマッチしてない、ろくでもない求人ばかり送られてきた
  • doda社内での選考落ちが多く、他社より厳しい(短期離職や未経験職種、35歳以上や第二新卒は弾かれる)
  • 連絡が遅かったり、なかったりして使いづらかった
  • dodaの転職エージェント機能は弱いため、転職サイトだと思った方がいい
  • 30代後半からはdodaでは苦戦している人が多い
  • 電話やメールがしつこい

 

2ch(5ch)での評判をまとめると、doda(デューダ)は日本トップクラスの求人数、特に20代向けの求人に強い転職サービスである。

その一方で、エージェント内選考の厳しさやエージェントの平均レベル、30代後半以降の使いづらさなどの弱みも2ch(5ch)では指摘されていた。

 

齋藤
いつもながら、2ch(5ch)のコメントは、ポジティブ・ネガティブともに真実だと感じました。

 

 

doda(デューダ)のTwitterでの評判・口コミ

続いて、doda(デューダ)のTwitter(ツイッター)での評判・口コミについて解説する。

以下のようなツイートをポジティブ・ネガティブ別に要約し、まとめている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

doda(デューダ)に関するTwitterのポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 求人数が多くておすすめ
  • 実際にdodaを使って転職した
  • dodaの担当が凄く親切に対応してくれた。親身になってくれるし、優秀な人が多い

 

doda(デューダ)に関するTwitterのネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 20代の頃は良かったが、30代になると使えない
  • エージェントが最悪。希望は聞いてくれてないし職務経歴書はちゃんと読んでない
  • 登録したら迷惑メール並みにメールが来てウザい

 

齋藤
Twitterでは、dodaの評判はややネガティブ寄りだった印象です。特にメールが多くてウザい、迷惑というコメントは多かったです。

 

 

doda(デューダ)と他の転職サイト・エージェントを比較した評判・口コミ

doda(デューダ)は年代や職業に限定がない、いわゆる総合系の転職エージェントであり、国内最大級の求人数(15万件以上)を誇る。

よって、評判を比較する際にも、総合系かつ大手の転職サービスと比較していく。具体的には以下のサービスと比較する。

  • 人材系企業で最大手のリクルート社の転職サービス(リクルートエージェント、リクナビNEXT
  • 同じく人材系大手のマイナビの転職サービスであるマイナビエージェント

 

形態、特徴、転職エージェントのレベル、保有求人の強み、保有求人の弱み、料金の6軸で評判(=世間一般または転職業界一般における認識)を比較すると、以下のようになる。

doda(デューダ)リクルートエージェントリクナビNEXTマイナビエージェント
形態転職サイト・転職エージェント(※両方)転職エージェント転職サイト転職エージェント
特徴
  • 日本最大級の求人を保持
  • 担当制
  • 担当制。リクルート社のエージェントがつく
  • リクナビNEXTのエージェント版とも言える
  • 日本最大級の求人サイト
  • あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
  • 担当制。マイナビ社のエージェントがつく
  • マイナビ転職のエージェント版とも言える
エージェントのレベル
  • ネガティブな評判が多い
  • エージェントはリクルート社員なのでレベルは高め
  • ただし、サポートは手厚くない
  • 転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心
  • エージェントもいるがレベルは様々
  • 高いとも低いとも言われていない
  • サポートの手厚さには定評あり
保有求人の強み
  • とにかく保有求人の量が多い
  • 特に20代~30代前半向けの求人に強い
とにかく保有求人の量が多い日本最大級の求人が集まる
  • 保有求人の量が多め
  • 20代向けの求人に強い
保有求人の弱み質が悪いものも含まれるため選別が必要質が悪いものも含まれるため選別が必要
  • 年収1000万以上になると使えない
  • 質が悪いものも含まれるため選別が必要
  • 40代以上の求人に弱い
  • 質が悪いものも含まれるため選別が必要
料金無料無料無料無料

(※ 上記の表は左右にスクロール可能)

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のdoda(デューダ)の評判・口コミをまとめると、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 転職サイトであり、転職エージェントでもある珍しいサービスである
  2. 日本最大級の保有求人数を誇る
  3. 20代~30代前半向けの転職に強い
  4. エージェントのレベルには厳しい評判が多い
  5. 求人の質として、質が悪いものも含まれるため選別が必要

 

 

転職経験者によるdoda(デューダ)のおすすめ度

次に、実際の転職経験者へのアンケート結果(データ)から見たdoda(デューダ)のおすすめ度について記載しておく。

まず、転職サービス全体でdoda(デューダ)を最もおすすめとしていた人は18.0%もおり、リクルートのサービス(リクルートエージェント、リクナビNEXT)と並び最も多い

転職サイト 評判 全体データ

 

実際に転職に使われているサービスとしては、dodaは日本の中でも3強と言っていい存在だろう。

転職サイトの評判に関する独自アンケートデータを見ても、多くの年代でdodaは最も良い転職サービスに選ばれている。

 

齋藤
2ch(5ch)やTwitterでの評判とは異なり、dodaは実際には非常に良く使われており、なおかつ評価されているサービスであることが分かります。

 

【プロの評価】結局、doda(デューダ)はおすすめか

プロの評価として、doda(デューダ)の特徴は以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 日本の全ての転職サービスの中でもトップクラスの求人数を誇る
  2. 転職エージェント機能と、求人サイト機能を併せ持つ
  3. 総合系エージェントの中では、20代~30代前半までの若手層に力を入れているエージェントである
  4. 求人情報の紹介メールを送り過ぎで、求人紹介の精度が低い
  5. 求人紹介の精度が低いわりにdoda内の書類選考が厳しいので、落とされる人が多い
  6. エージェントがあまり機能していない(もちろん、中には良いエージェントもいる)
  7. ハイクラス(年収1,000万程度)案件は少ない

 

プロとしての評価を率直に一言で言うと、dodaは「絶対に登録が必須となる人は少ないが、他の大手に登録していない人や、20代~30代前半で求人の量を重視する人(たくさんの求人を見たい人)であれば使うべきサービス」となる。

 

 

doda(デューダ)を使うべき人、使うべきでない人

ここまで解説してきたdoda(デューダ)の評判・口コミに鑑みると、以下の全ての項目に当てはまる人は特にdoda(デューダ)を使うべきであると言える。

  • 大手の転職サービス(リクルートエージェント、リクナビNEXT、dodaレベル)に一つも登録していない人
  • 20代から30代前半で、初めての転職を考えている人
  • とにかくたくさんの求人を見たい人(求人の量を重視する人)
  • すでにメインとなる転職サイト・転職エージェントがあり、見られる求人の幅を広げるためにサブとしての転職サービスを探している人

 

上記の項目の裏返しにはなるが、以下のいずれかの項目に当てはまる人はdoda(デューダ)には向かず、使うべきでないと言える。

  • 30代後半以上の人
  • 求人の量より質を重視しており、マッチングしている(希望通りの)求人以外紹介されたくない人
  • 年収が1,000万円以上で、ハイクラス転職を求めている人
  • 外資・ベンチャー等、転職したい企業の方向性が明確な人(※dodaにも求人はあるが、最適な選択肢とは言えないため)

 

まとめ

doda(デューダ)は求人サイト機能と転職エージェント機能を併せ持つ転職サービスである。

求人量は圧倒的であるが、エージェントの質や紹介の精度には不安もあり、大手サービスの中でも特にdodaを使うべき人は限られる。

 

評判を考慮して率直に評価すると、dodaは「絶対に登録が必須となる人は少ないが、他の大手に登録していない人や、20代~30代前半で求人の量を重視する人(たくさんの求人を見たい人)であれば使うべきサービス」となる。

 

doda 評判
最新情報をチェックしよう!