就職Shop 評判

就職Shopの評判・口コミを人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
就職活動に失敗し、20代の大半をフリーター(時々ニート)として生活してきました。
しかし、自分や生活を変えたく、正社員として就職したいと考え、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け転職サービスの評判を調べています。
その中で、就職Shopというサービスが気になりました。リクナビと同じくリクルートが運営していると聞きましたが、良いサービスなのでしょうか?
就職Shopの評判・口コミについて教えてください。

 

今回のテーマは「就職Shopの評判・口コミはどうなのか」である。

結論から申し上げると「①2ch(5ch)の評判・口コミ、②Twitterの評判・口コミ、③他との比較、④プロの評価、の観点で就職Shopの評判・口コミを調査してみると、求人数やエージェントのレベルにおいて、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け就職サービスの中では一強状態だと言える。ただし向かない人もいるので、使うべき人、使うべきでない人を含めて、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

本記事では、以下の視点で就職Shopの評判・口コミについて徹底的に調査したうえで、使うべき人、使うべきでない人まで解説している。

  1. 2ch(現・5ch)での評判・口コミ
  2. Twitterでの評判・口コミ
  3. 他の転職サイト・転職エージェントと比較した際の評判・口コミ
  4. プロの目から見た評価

 

この記事を読むことで、ネガティブな点も含めた実際の就職Shopの評判・口コミが分かり、あなたが就職Shopに登録すべきかどうかについて必ず結論が出せるだろう。

なお、就職Shop以外も含めたおすすめの転職サイト・転職エージェントについては、以下の記事を参照していただきたい。

>>おすすめ転職サイト・エージェント|プロ厳選の比較ランキング

 

結論(就職Shopの評判まとめ)

まず本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

 

就職Shopの2ch(5ch)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  • 実際の就職(転職)報告が多い
  • (ハタラクティブ・ジェイック等の)他の既卒・フリーター向け転職サイトと比較して良い
  • どんな経歴でも肯定的に聞いてくれる
  • 他の既卒向け転職サイトでは「あなたに選ぶ権利はない」と言われたが、就職Shopでは「あなたにも選ぶ権利がある」と言ってもらえた
  • 無職・ニート系の2ch(5ch)スレッドでの評判が特に良かった
  • 30代になると案件が少なくなる
  • 書類選考が免除になる仕事は、やはりそれなりの(質の)仕事だと感じた
  • 紹介されたのがブラック企業だった
  • 高圧的な対応をされた(はずれの担当者だった可能性あり)

 

就職ShopのTwitter(ツイッター)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  • 実際にフリーターからの就職が決まった、第二新卒で総合職に転職出来た
  • 親切で、希望通りの求人が紹介された
  • テキパキ担当のお陰でなんとか転職活動に必要な書類とか用意出来たから助かった
  • 第二新卒・既卒向け就職サイトを比較したツイートでは、「まともなサイト」として挙がることが多い
  • 評判良いはずなのに、テレアポ案件ばかりが紹介された
  • 担当者がクソだった

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際の就職Shopの評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 第二新卒・既卒向け転職サービスでは国内最大級。11,000社以上に訪問済(他のサービスは2,000~3,000社程度)
  2. 第二新卒・既卒向け転職サービスの中でもサポートの手厚さ/エージェントの仕事の速さには定評あり
  3. IT業界や単純労働職種に偏っておらず、あらゆる業界・職種への就職・転職が目指せる
  4. 30代以上向けの求人は少ない
  5. 1人の登録者に対し1人の担当者を決める担当制をとっているため、担当ガチャ(当たりはずれ)もある
  6. 経歴にもよるが、質の悪い求人も含まれるため、選別が必要

 

人事のプロとしての就職Shopの評価は、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け転職サービスでは最大級の求人数を誇る
  2. 他の第二新卒・既卒向け転職サービスとは異なり、IT業界等に絞り過ぎておらず幅広い求人がある
  3. リクルート社のエージェントがつくため、当たりはずれはあるがサポートの質にも定評がある
  4. 書類選考なし、面接からスタート
  5. 担当者や求人の当たりはずれはある
  6. エージェントが就活エリートのリクルート社員であるため、親身でなく高圧的と感じた人もいる

 

以上の内容から、以下のいずれかの項目に当てはまる人であれば、就職Shopを使うべきであると言える。

  • 20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートである
  • 20代で職歴ありなのに、通常のエージェントでは登録を断られた
  • 極端な短期離職等、経歴的にまずい部分があるが、正社員として就職(転職)したい

 

結論として、就職Shopは日本最大級の第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け就職(転職)サービスであり、類似サービスの中では最もおすすめ出来る

求人数が類似サービスの4~5倍もある時点で「一強状態」と言えるため、「第二新卒・既卒・フリーター・ニート」に当てはまるなら必ず登録すべきだと言って差し支えないだろう。

 

 

就職Shopの2ch(5ch)での評判・口コミ

次に、就職Shopの2ch(5ch)での評判・口コミについて解説する。

抽出したコメントの情報元(ソース)は以下の2ch(5ch)スレッドである。

 

齋藤
就職Shop単独での2ch(5ch)スレッドは存在しないため、本記事では、2ch(5ch)の転職板全体から探した就職Shopの評判・口コミについて解説しています。
2ch(5ch)における元のコメント(口コミ)が見たい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>就職Shopの2ch(5ch)の評判・口コミをプロが調査・解説

 

まず、就職Shopに関する2ch(5ch)のポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 実際の就職(転職)報告が多い
  • (ハタラクティブ・ジェイック等の)他の既卒・フリーター向け転職サイトと比較して良い
  • どんな経歴でも肯定的に聞いてくれる
  • 他の既卒向け転職サイトでは「あなたに選ぶ権利はない」と言われたが、就職Shopでは「あなたにも選ぶ権利がある」と言ってもらえた
  • 無職・ニート系の2ch(5ch)スレッドでの評判が特に良かった

 

次に、就職Shopに関する2ch(5ch)のネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 30代になると案件が少なくなる
  • 書類選考が免除になる仕事は、やはりそれなりの(質の)仕事だと感じた
  • 紹介されたのがブラック企業だった
  • 高圧的な対応をされた(はずれの担当者だった可能性あり)

 

2ch(5ch)の書き込みを要約すると、就職Shopは第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方の就職実績が多く、他の第二新卒・既卒向け転職サイトと比較して求人やサポートの面で高く評価されている

一方、利用者の9割が20代であることから30代以上の案件は少なく、紹介される企業や担当者にも当たりはずれがある

 

齋藤
いつもながら、2ch(5ch)のコメントは、ポジティブ・ネガティブともに真実だと感じました。

 

 

就職ShopのTwitterでの評判・口コミ

続いて、就職ShopのTwitter(ツイッター)での評判・口コミについて解説する。

以下のようなツイートをポジティブ・ネガティブ別に要約し、まとめている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就職Shopに関するTwitterのポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 実際にフリーターからの就職が決まった、第二新卒で総合職に転職出来た
  • 親切で、希望通りの求人が紹介された
  • テキパキ担当のお陰でなんとか転職活動に必要な書類とか用意出来たから助かった
  • 第二新卒・既卒向け就職サイトを比較したツイートでは、「まともなサイト」として挙がることが多い

 

就職Shopに関するTwitterのネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 評判良いはずなのに、テレアポ案件ばかりが紹介された
  • 担当者がクソだった

 

齋藤
Twitterでは、ステルスマーケティングのような第二新卒向け転職サイトのごり押しツイートが多かったです。(当サイトでは除外しています)
そのため、ある程度の信憑性があるツイートは少なかった印象です。一方、ネガティブな口コミがほぼないことも印象的でした。

 

 

就職Shopと他の転職サイト・エージェントを比較した評判・口コミ

就職Shopはリクルート社が運営する第二新卒、既卒、フリーター、ニート向けの就職・転職サービスである。

実際に2chやTwitterで比較検討されていたサービスを踏まえ、本記事では以下の転職サービスと比較していく。

  • 同じリクルート社の最大手転職サイト(リクナビNEXT
  • 他の第二新卒、既卒、フリーター、ニート向けの就職・転職サービス(DYM就職、UZUZ

 

形態、特徴、転職エージェントのレベル、保有求人の強み、保有求人の弱み、料金の6軸で評判(=世間一般または転職業界一般における認識)を比較すると、以下のようになる。

就職ShopDYM就職UZUZ(ウズウズ)リクナビNEXT
形態転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト
特徴
  • 担当制
  • 未経験者(第二新卒、既卒、フリーター、ニート)向け
  • 書類選考なし
  • 担当制
  • 未経験者(第二新卒、既卒、フリーター、ニート)向け
  • 担当制
  • 未経験者(第二新卒、既卒、フリーター、ニート)向け
  • 日本最大級の求人サイト
  • あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
エージェントのレベル
  • サポートが手厚い
  • 親切、テキパキ等の評判が多い
  • 体育会系のエージェントが多め
  • 一度断ったら音信不通など、悪い評判が多い
  • 就活での挫折経験や短期離職経験のあるエージェントを揃えている
  • 親身という評判が多い
  • 転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心
  • エージェントもいるがレベルは様々
保有求人の強み
  • 全て訪問済みの求人
  • 既卒向けでは最大級の求人数を誇る(累計11,000社以上)
  • 保有求人が少ない
  • IT業界に強い
  • 内定後の定着率に定評があり、公表している
日本最大級の求人が集まる
保有求人の弱み
  • 30代以上向けの求人は少ない
  • 30代以上向けの求人は少ない
  • IT業界以外が手薄、地方求人が少ない
  • 30代以上向けの求人は少ない
  • 年収1000万以上になると使えない
  • 質が悪いものも含まれるため選別が必要
料金無料無料無料無料

(※ 上記の表はスマホでは左右にスクロール可能)

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際の就職Shopの評判・口コミをまとめると、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 第二新卒・既卒向け転職サービスでは国内最大級。11,000社以上に訪問済(他のサービスは2,000~3,000社程度)
  2. 第二新卒・既卒向け転職サービスの中でもサポートの手厚さ/エージェントの仕事の速さには定評あり
  3. IT業界や単純労働職種に偏っておらず、あらゆる業界・職種への就職・転職が目指せる
  4. 30代以上向けの求人は少ない
  5. 1人の登録者に対し1人の担当者を決める担当制をとっているため、担当ガチャ(当たりはずれ)もある
  6. 経歴にもよるが、質の悪い求人も含まれるため、選別が必要

 

齋藤
最後の2つ(求人とエージェントの当たりはずれ)は、あらゆる転職サービスにおいて避けられない「悪い口コミ」になります。
就職Shopに限って言えば、この2つの悪評は他より少なかった印象です。

 

 

【プロの評価】結局、就職Shopはおすすめか

プロの評価として、就職Shopの特徴は以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け転職サービスでは最大級の求人数を誇る
  2. 他の第二新卒・既卒向け転職サービスとは異なり、IT業界等に絞り過ぎておらず幅広い求人がある
  3. リクルート社のエージェントがつくため、当たりはずれはあるがサポートの質にも定評がある
  4. 書類選考なし、面接からスタート
  5. 担当者や求人の当たりはずれはある
  6. エージェントが就活エリートのリクルート社員であるため、親身でなく高圧的と感じた人もいる

 

結論、就職Shopは日本最大級の第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け就職(転職)サービスであり、類似サービスの中では最もおすすめ出来る

求人数、求人の幅広さ、エージェントのレベル、書類選考なしで統一した点、どれも同タイプのサービスの中では随一である。

 

一方、評判・口コミを眺めてみると、親身かという点では同タイプのUZUZに軍配が上がるように思う。

実際に就活で失敗を経験した人を集めたUZUZのエージェントと、リクルート社員とでは(第二新卒やフリーター、ニート等に対する)共感度に差が出て来ることはある程度仕方がないだろう。

 

 

就職Shopを使うべき人、使うべきでない人

ここまで解説してきた就職Shopの評判・口コミに鑑みると、以下のいずれかの項目に当てはまる人は特に就職Shopを使うべきであると言える。

  • 20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートである
  • 20代で職歴ありなのに、通常のエージェントでは登録を断られた
  • 極端な短期離職等、経歴的にまずい部分があるが、正社員として就職(転職)したい

 

上記の項目の裏返しにはなるが、以下のいずれかの項目に当てはまる人は就職Shopには向かず、使うべきでないと言える。

  • 30代後半以上の方
  • 「第二新卒・既卒・フリーター・ニート・無職」のどれにも当てはまらない方

 

齋藤
就職Shopに向かない方は、日本最大級の転職サービスである「リクナビNEXT」を利用すると良いかと思います。

>>リクナビNEXTの評判・口コミを人事プロが解説

 

まとめ

結論として、就職Shopは日本最大級の第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け就職(転職)サービスであり、類似サービスの中では最もおすすめ出来る

求人数が類似サービスの4~5倍もある時点で「一強状態」と言えるため、「第二新卒・既卒・フリーター・ニート」に当てはまるなら必ず登録すべきだと言って差し支えないだろう。

 

就職Shop 評判
最新情報をチェックしよう!