リクルートエージェント 評判

リクルートエージェントの評判・口コミを人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
転職活動で、エージェントを使ってみようと思っています。
初めてのエージェントなので、有名なリクルートエージェントが良いのかな、と思っていますが、おすすめですか?特にネガティブな点が知りたいです。
リクルートエージェントの評判・口コミについて教えてください。

 

今回のテーマは「リクルートエージェントの評判・口コミはどうなのか」である。

結論から申し上げると「①2ch(5ch)の評判・口コミ、②Twitterの評判・口コミ、③他との比較、④転職経験者への独自アンケートデータ、⑤プロの評価、の全ての観点でリクルートエージェントの評判・口コミを調査してみると、ほぼ全員が登録すべき万能の転職サービスだと言える。ただし向かない人もいるので、使うべき人、使うべきでない人を含めて、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

本記事では、以下の視点でリクルートエージェントの評判・口コミについて徹底的に調査したうえで、使うべき人、使うべきでない人まで解説している。

  1. 2ch(現・5ch)での評判・口コミ
  2. Twitterでの評判・口コミ
  3. 他の転職サイト・転職エージェントと比較した際の評判・口コミ
  4. 「最も良かった転職サイト・エージェント」について実際の転職経験者にアンケートをとった際のランキング
  5. プロの目から見た評価

 

この記事を読むことで、ネガティブな点も含めた実際のリクルートエージェントの評判・口コミが分かり、あなたがリクルートエージェントに登録すべきかどうかについて必ず結論が出せるだろう。

なお、リクルートエージェント以外も含めたおすすめの転職サイト・転職エージェントについては、以下の記事を参照していただきたい。

>>おすすめ転職サイト・エージェント|プロ厳選の比較ランキング

 

結論(リクルートエージェントの評判まとめ)

まず本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

 

リクルートエージェントの2ch(5ch)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  • 実際に転職出来た
  • 求人数が多い
  • 非公開求人(ここでしか見られない求人)が多い
  • 当たりのエージェントを引ければ、優秀かつ手厚い
  • 別業界や、無難に受かる求人への誘導がある
  • 他のサイトやエージェントと比較して書類選考の通過率が悪い気がする
  • リクルートエージェント内での社内選考で落とされることがある
  • 担当エージェントの質が悪い
  • 担当エージェントに放置された/連絡が遅い

 

リクルートエージェントのTwitter(ツイッター)での評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 実際の転職につながった
  2. 年収アップの転職につながった
  3. 求人数が多く、登録すると次から次に紹介してくれる
  4. 経験豊富なエージェントは相当優秀
  5. リクルートエージェント経由だと書類選考通過率が高い
  6. 担当ガチャがある。担当で良い人に当たれば手厚いが、良い担当者は少ない
  7. 最初に色々と紹介された後は、放置されることが多い
  8. 紹介された求人の質が良くなかった

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のリクルートエージェントの評判・口コミは、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 国内最大の転職エージェントであり、業種・職種を問わず、あらゆる求人が集まる
  2. 担当者はリクルート社員であるため、エージェントのレベルは高め
  3. 1人の登録者に対し1人の担当者を決める担当制をとっているため、ハズレのエージェントを引くと放置されがち
  4. 経歴にもよるが、質の悪い求人も含まれるため、選別が必要

 

転職経験者によるリクルートエージェントのおすすめ度(※アンケートデータに基づく)は、数ある転職サイト・転職エージェントの中で1位である。

  1. リクルートエージェント
  2. リクナビNEXT
  3. doda(デューダ)

 

人事のプロとしてのリクルートエージェントの評価は、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 転職エージェントの中で最も求人数(量)が豊富
  2. リクルート社員であるエージェントの平均レベルは高い
  3. エージェントであるにもかかわらず、20代向けの求人が豊富
  4. ハイクラス(年収1,000万程度)になると紹介が減る
  5. 初回登録時に紹介があって以降、放置される例が多い

 

以上の内容から、以下のいずれかの項目に当てはまる人であれば、リクルートエージェントを使うべきであると言える。

  • 日本有数の転職実績がある、大手・有名エージェントを使ってみたい人
  • 出来るだけたくさんの求人データベースから探してほしい人
  • 在職中で時間がないため、合う案件をエージェントからおすすめされたい人
  • エージェントを使ってみたい20代の人や、年収が低めの人
  • 求人掲載型の転職サイト(例:リクナビNEXT)の求人よりも、一歩ハイレベルな求人を探している人

 

リクルートエージェントは非公開求人20万件以上を誇る、日本最大の転職エージェントであり、実際の利用者からの評価も軒並み高い。

一部の例外(年収1,000万を超えるハイクラス転職の希望者や、エージェントとのコミュニケーションにストレスを感じる人)を除き、全員が登録しておくべき転職サービスだと言えるだろう。

 

 

リクルートエージェントの2ch(5ch)での評判・口コミ

次に、リクルートエージェントの2ch(5ch)での評判・口コミについて解説する。

抽出したコメントの情報元(ソース)は以下の2ch(5ch)スレッドである。

 

齋藤
2ch(5ch)における元のコメント(口コミ)が見たい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>リクルートエージェントの2ch(5ch)の評判・口コミをプロが調査・解説

 

まず、リクルートエージェントに関する2ch(5ch)のポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 実際に転職出来た
  • 求人数が多い
  • 非公開求人(ここでしか見られない求人)が多い
  • 当たりのエージェントを引ければ、優秀かつ手厚い

 

次に、リクルートエージェントに関する2ch(5ch)のネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 別業界や、無難に受かる求人への誘導がある
  • 他のサイトやエージェントと比較して書類選考の通過率が悪い気がする
  • リクルートエージェント内での社内選考で落とされることがある
  • 担当エージェントの質が悪い
  • 担当エージェントに放置された/連絡が遅い

 

2ch(5ch)の書き込みを要約すると、リクルートエージェントの担当者(エージェント)の質にはばらつきがあり、それが様々なネガティブな口コミにつながっている。

その一方で、実際の転職成功報告求人数の多さ、(ハズレを引かなければ)質の高いエージェント等の強みもある。

 

齋藤
いつもながら、2ch(5ch)のコメントは、ポジティブ・ネガティブともに真実だと感じました。

 

 

リクルートエージェントのTwitterでの評判・口コミ

続いて、リクルートエージェントのTwitter(ツイッター)での評判・口コミについて解説する。

以下のようなツイートをポジティブ・ネガティブ別に要約し、まとめている。

 

齋藤
なお、以下のツイートの「リクエー」とはリクルートエージェントの略です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェントに関するTwitterのポジティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 転職につながった。結局一番良かった
  • 求人数が多く、登録すると次から次に紹介してくれる
  • 経験豊富なエージェントに当たり紹介多数、任せたら一社目で内定して年収200万アップした
  • リクエーの人が職務経歴書を全て仕上げてくれた。優秀
  • リクルートエージェント経由だと書類選考通過率が高い

 

リクルートエージェントに関するTwitterのネガティブな評判・口コミは以下の通りである。

  • 担当ガチャがある。担当で良い人に当たれば手厚いが、良い担当者は少ない
  • 最初に色々と紹介された後は、放置されることが多い
  • 紹介された求人の質が良くなかった

 

上記のコメントをまとめると、リクルートエージェントのTwitterでの評判は以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 実際の転職につながった
  2. 年収アップの転職につながった
  3. 求人数が多く、登録すると次から次に紹介してくれる
  4. 経験豊富なエージェントは相当優秀
  5. リクルートエージェント経由だと書類選考通過率が高い
  6. 担当ガチャがある。担当で良い人に当たれば手厚いが、良い担当者は少ない
  7. 最初に色々と紹介された後は、放置されることが多い
  8. 紹介された求人の質が良くなかった

 

齋藤
担当が誰なのかによって、リクルートエージェント自体の評価がかなり変わってくる印象です。

 

 

リクルートエージェントと他の転職サイト・エージェントを比較した評判・口コミ

リクルートエージェントは人材業界最大手であるリクルート社の運営であり、実際に国内最大級の転職エージェントである。

よって、評判を比較する際にも、国内最大級の転職サービスと比較していく。具体的には以下のサービスと比較する。

  • 同じリクルート社の転職サービス(リクナビNEXTリクルートダイレクトスカウト
  • スカウト型として日本最大の転職サイトであるビズリーチ
  • 国内最大の売上高を誇る転職エージェントであるJACリクルートメント

 

形態、特徴、転職エージェントのレベル、保有求人の強み、保有求人の弱み、料金の6軸で評判(=世間一般または転職業界一般における認識)を比較すると、以下のようになる。

リクルートエージェントリクナビNEXTリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)ビズリーチJACリクルートメント
形態転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職エージェント
特徴
  • 担当制。リクルート社のエージェントがつく
  • リクナビNEXTのエージェント版とも言える
  • 日本最大級の求人サイト
  • あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
リクナビNEXTのハイクラス版
  • 求職者から料金を徴収する有料サイト
  • ベンチャーや中小企業が多い
単一のエージェントとして日本最大級の非公開求人を抱えており、ホワイトカラーの転職では日本一の売上高を誇る
エージェントのレベル
  • エージェントはリクルート社員なのでレベルは高め
  • ただし、サポートは手厚くない
  • 転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心
  • エージェントもいるがレベルは様々
  • 掲載求人もエージェントも両方あり
  • ハイクラス専門のエージェントばかりなので、平均レベルは高め
千差万別であり微妙なエージェントも多いよく教育されており、レベルは高い
保有求人の強みとにかく保有求人の量が多い日本最大級の求人が集まるハイクラス求人に強いベンチャー企業、中小企業に強い外資系とグローバル日系大企業、ミドルクラス~ハイクラスに強い
保有求人の弱み質が悪いものも含まれるため選別が必要
  • 年収1000万以上になると使えない
  • 質が悪いものも含まれるため選別が必要
  • ハイクラス求人しかない
  • 年収800万円以下だと使えない
質が悪い中小企業求人も多く選別が大変ベンチャー企業に弱い
料金無料無料無料 有料:月額3,278~5,478円無料

(※ 上記の表はスマホでは左右にスクロール可能)

 

他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のリクルートエージェントの評判・口コミをまとめると、以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 国内最大の転職エージェントであり、業種・職種を問わず、あらゆる求人が集まる
  2. 担当者はリクルート社員であるため、エージェントのレベルは高め
  3. 1人の登録者に対し1人の担当者を決める担当制をとっているため、ハズレのエージェントを引くと放置されがち
  4. 経歴にもよるが、質の悪い求人も含まれるため、選別が必要

 

 

転職経験者によるリクルートエージェントのおすすめ度

次に、実際の転職経験者によるリクルートエージェントのおすすめ度について記載しておく。

とはいえ、この点については以下の表を見ていただければ一目瞭然である。

転職サイト 評判 全体データ

 

転職サイトの評判を独自アンケートデータからプロが解説」という記事に書いた通り、リクルートエージェントは実際の転職経験者が最もおすすめする転職サービスであった。

全体ランキングで1位であったことに加え、20代のランキング、30代のランキング、大手企業への転職者のランキング、3つ以上の転職サービス利用者のランキング、いずれも1位であった。

 

【プロの評価】結局、リクルートエージェントはおすすめか

プロの評価として、リクルートエージェントの特徴は以下の通りである。(赤字は悪い点である)

  1. 転職エージェントの中で最も求人数(量)が豊富
  2. リクルート社員であるエージェントの平均レベルは高い
  3. エージェントであるにもかかわらず、20代向けの求人が豊富
  4. ハイクラス(年収1,000万程度)になると紹介が減る
  5. 初回登録時に紹介があって以降、放置される例が多い

 

求人数や転職実績が豊富であり、求人の質も相対的に高く、エージェントの平均レベルも高い。さらに、エージェントサービスにしては珍しく、20代向けの案件が多い。

しかし、担当者のレベルのばらつきは若干あり、(経歴に関わらず)放置される例が多い。

 

齋藤
加えて、リクルートエージェントではハイクラス求人が紹介されることも少ないです。
おそらく、同じリクルート社のリクルートダイレクトスカウトと棲み分けをはかっているのでしょう。

 

プロとしての評価を正直に一言で言うと、「年収1,000万以下であれば誰に対してもおすすめ出来る、欠点の少ない万能エージェントだが、良い担当者に当たるかどうかの運に左右される面はある」となる。

 

 

リクルートエージェントを使うべき人、使うべきでない人

ここまで解説してきたリクルートエージェントの評判・口コミに鑑みると、以下のいずれかの項目に当てはまる人は特にリクルートエージェントを使うべきであると言える。

  • 日本有数の転職実績がある、大手・有名エージェントを使ってみたい人
  • 出来るだけたくさんの求人データベースから探してほしい人
  • 在職中で時間がないため、合う案件をエージェントからおすすめされたい人
  • エージェントを使ってみたい20代の人や、年収が低めの人
  • 求人掲載型の転職サイト(例:リクナビNEXT)の求人よりも、一歩ハイレベルな求人を探している人

 

上記の項目の裏返しにはなるが、以下のいずれかの項目に当てはまる人はリクルートエージェントには向かず、使うべきでないと言える。

  • 年収が1,000万円以上で、ハイクラス転職を求めている人
  • 「担当者を交替してほしい」と申し出られない人
  • エージェントとのコミュニケーションにストレスを感じるため、自分で探したい人
  • 外資・ベンチャー等、転職したい企業の方向性が明確な人(※リクルートエージェントでも良いが、最適な選択肢とは言えないため)

 

まとめ

リクルートエージェントは非公開求人20万件以上を誇る、日本最大の転職エージェントであり、実際の利用者からの評価も軒並み高い。

一部の例外(年収1,000万を超えるハイクラス転職の希望者や、エージェントとのコミュニケーションにストレスを感じる人)を除き、全員が登録しておくべき転職サービスだと言えるだろう。

 

リクルートエージェント 評判
最新情報をチェックしよう!