ビズリーチ ベンチャー

ビズリーチはベンチャーに強い!その理由を人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
新卒では大企業に入りましたが、ベンチャー企業に憧れがあり、ベンチャー企業に転職したいと思っています。
ただしベンチャー企業に強い転職サイトやエージェントを知らないので、有名なビズリーチを使ってみようと思っています。
これは正解でしょうか?ビズリーチはベンチャー企業への転職に強いのかどうか、教えてください。

 

今回のテーマは「ビズリーチはベンチャー企業への転職に強いのかどうか」である。

結論から申し上げると「ビズリーチはベンチャー企業の転職に強い。ベンチャー専門の転職エージェントはレベルが低いことも多いため、ベンチャー転職のためにはビズリーチを使って広く情報を集めることが最善解である」という内容の記事になっている。

 

齋藤
本記事の執筆者はベンチャーの人事執行役員を経験しており、かつビズリーチを使ってダイレクトリクルーティングをしていた経験もあります。
ベンチャーへの強さに限らず、ビズリーチの評判・口コミについて網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

この記事を読むことで、ベンチャー企業への転職におけるビズリーチの強さが分かり、自身がビズリーチを使うべきかどうかが分かるだろう。

 

結論

まず本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

  • ビズリーチはベンチャー企業への転職に最も適した転職サイトである
  • ビズリーチにはベンチャー企業自体が多数参加しているうえに、ベンチャー企業を専門とする転職エージェントも多い
  • ベンチャーに強い理由は、ビズリーチがベンチャー企業や中小企業をターゲットとしてマーケティング活動をしているからである
  • 外資系に行きたいならビズリーチではない」という記事を書いたが、「ベンチャーに行きたいならビズリーチ」で間違いない

 

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチはベンチャーに強いか【答えはYES】

以前、「ビズリーチは外資に強い?YESだが外資に最適ではない理由」という記事の中で、ビズリーチは外資に強いけれども最善の解ではないということを書いた。

ただし、ベンチャー企業については話は別である。ビズリーチは間違いなくベンチャー企業に転職するための最善の解である。

 

まず、実際にビズリーチ内で筆者に届いていたベンチャー企業からのスカウトや、ベンチャー企業に強い転職エージェントからのスカウトを参考までに掲載しておこう。

 

ビズリーチ内で直接採用を行うベンチャー企業

ビズリーチ内で直接採用(ダイレクトリクルーティング)を行っており、筆者にスカウトを送ってきたベンチャー企業は以下の通りである。

  • SmartNews
  • Paypay
  • タイミー
  • UPSIDER
  • ANDPAD
  • Ubie
  • メルカリ(メルペイ)
  • ユーザベース (NewsPicks)
  • マネーフォワード
  • ラクスル
  • PKSHA technology
  • プレイド
  • Sansan
  • カケハシ
  • SmartHR
  • ヤプリ
  • freee
  • KaizenPlatform
  • メドレー
  • オクト
  • Shippio
  • よりそう
  • SHOWROOM
  • ミラティブ
  • Finatext
  • ウェルスナビ
  • FOLIO
  • シナモン
  • AI inside
  • エクサウィザーズ
  • ABEJA
  • Wamazing
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • GLOBIS Capital

 

齋藤
すでにベンチャーとは言えない規模のものも含めて掲載しています。

 

ベンチャー企業は採用を転職エージェントに完全委託していることも多いため、エージェントが送ってきたベンチャー企業の求人も含めている。

そのため、ビズリーチ内で転職できる可能性があるベンチャー企業の一例(リスト)だと思っていただければ間違いない。

 

ビズリーチ内で活動するベンチャーに強い転職エージェント

ビズリーチ内で活動する、ベンチャー企業に強い転職エージェントは多岐にわたる。

例として、筆者にスカウトを送ってきたエージェントをご紹介しておく。

  • for Startups,inc.
  • キープレイヤーズ
  • プロコミット
  • ギークリー
  • ワークポート
  • BNGパートナーズ
  • ユニコーンパートナーズ
  • インターワークス
  • ソーシング・ブラザーズ

 

率直に言うが、これらのエージェントの中には異常にレベルが低いエージェントも含まれている。

筆者の経験上、求職者のプロフィールを見ていなかったり、言葉遣いがビジネスレベルに達していなかったりするレベルの低いエージェントの多くが、ベンチャー企業専門のエージェントである。

 

そのため、上記の転職エージェントに直接登録することはおすすめしない。

ベンチャー企業に行きたい場合には、ビズリーチで多くのエージェントと付き合いつつ情報を集めていく方が圧倒的にリスクが少ない。

 

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチがベンチャー企業に強い理由

ビズリーチがベンチャー企業や中小企業に強い理由は以下の通りである。

  • ベンチャー企業・中小企業を対象にマーケティング活動をしているから
  • スカウト型のため、知名度の低いベンチャー・中小企業が使いやすいから

 

ビズリーチは、知名度の低いベンチャー企業や中小企業でも一流の人材を採用するのに使えるという触れ込みで宣伝をしている。

マーケティング自体が、ベンチャー企業や中小企業をメインターゲットとして行われているのである。

 

さらに、ビズリーチは求人を掲載して終わりではなく、スカウトをメインとした転職サイトである。

このタイプの転職サイトでは「知名度の低い企業でも見過ごされることなく、自分からアプローチしていける」という意味で、ベンチャー企業や中小企業が使うのに最適化されたサイトなのである。

 

齋藤
リクナビNEXTに求人を掲載していても見過ごされてしまうような無名の会社であっても、ビズリーチであれば自分からスカウトが出来ます。
このような性質から、ビズリーチには無名企業の幹部求人が非常に多いです。

 

ビズリーチを使うべき人

ここまで述べてきた通り、ベンチャー志望者であればビズリーチを使うべきである。

この記事の文脈も踏まえると、ビズリーチを使うべき人は以下の通りである。

  1. 中小企業もしくはベンチャー企業(IT企業)に行きたい人
  2. 外資とベンチャーの両方に興味がある人
  3. 大企業で経験を積んでおり、ベンチャー役員になりたい人
  4. 20代の人

 

ベンチャー企業に興味がある人や、外資系企業とベンチャー企業の両方に興味がある人はビズリーチを使うべきだろう。

また、20代であればビズリーチを使って損はない。

>>20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由を人事プロが解説

 

まとめ

ビズリーチは、ベンチャー企業に強い転職サイトである。

実際、ビズリーチ以上にベンチャー転職に適したサイトはなく、LinkedInやリクナビNEXTといった大型媒体でさえ、ベンチャー求人の集まる速度はビズリーチの半分以下であると感じる。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチ ベンチャー
最新情報をチェックしよう!