ビズリーチ 外資

ビズリーチは外資に強い?YESだが外資に最適ではない理由を人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
外資系企業に転職したいと思っています。
あまり転職サイトや転職エージェントには詳しくないので、有名なビズリーチを使いたいと思っています。
ただ、ビズリーチが外資系に強いのかどうかがよくわかっていません。ビズリーチは外資系への転職に強いのかどうか、教えてください。

 

今回のテーマは「ビズリーチは外資系への転職に強いのかどうか」である。

結論から申し上げると「ビズリーチは外資系に強いが、最も強い転職サイトというわけではない。ビズリーチに登録すべきなのは、どちらかといえばベンチャー企業志望者である」という内容の記事になっている。

 

齋藤
外資系への転職における強さに限らず、ビズリーチの評判・口コミについて網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

この記事を読むことで、外資系企業への転職におけるビズリーチの強さが分かり、自身がビズリーチを使うべきかどうかが分かるだろう。

 

結論

本記事の結論を述べておく。

 

ビズリーチは外資系への転職にも強い転職サイトだが、ビズリーチ以上に外資に強い転職エージェントは多い。

よって、ビズリーチは良い転職サイトではあるのだが、外資系への転職目的でビズリーチに登録する必要はない。

 

ビズリーチに登録すべきなのは以下の条件を満たす人間であり、どちらかと言えばベンチャー企業の志望者である。

  1. 中小企業もしくはベンチャー企業(IT企業)に行きたい人
  2. 外資とベンチャーの両方に興味がある人
  3. 大企業で経験を積んでおり、ベンチャー役員になりたい人
  4. 20代の人

 

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチは外資に強いか【答えはYES、しかし】

ビズリーチは、外資系に強い。実際に、ビズリーチ内で筆者に届いていた外資系企業からのスカウトや、外資系に強い転職エージェントからのスカウトを見てみた。

その結果、以下のような会社からスカウトが届いていたので、参考までに掲載しておく。

 

ビズリーチ内で直接採用を行う外資系企業

ビズリーチの内部でダイレクトリクルーティングを行っている外資系企業の一例を挙げると、以下の通りである。

  • アマゾンウェブサービスジャパン合同会社
  • アクセンチュア株式会社
  • マーサージャパン株式会社
  • PwCコンサルティング株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • EY Strategy and Consulting
  • アフラック生命保険株式会社

 

上記は全て、ビズリーチ内で筆者にスカウトを送ってきた外資系企業である。

上記のような外資系の有名企業以外にも、DiDi Food Japanのような、まだ日本に進出して日が浅い外資系ベンチャー企業とも言うべき会社も多かった。

 

ビズリーチ内で活動する外資に強い転職エージェント

ビズリーチ内では、企業以外にも様々な転職エージェントがスカウト活動を行っている。

実際に筆者に対して外資系企業の求人を送ってきた(≒外資求人に強い)転職エージェントの一例を挙げると、以下の通りである。

  • ハイドリック&ストラグルズ
  • イーストウエストコンサルティング
  • JACリクルートメント
  • エンワールド・ジャパン
  • ムービン・ストラテジック・キャリア
  • スレイト・コンサルティング
  • KANAEアソシエイツ
  • キャリアインキュベーション
  • タリスマン
  • プロコミット
  • マカナパートナーズ
  • その他(リクルート、パソナ、パーソルキャリア、等)

 

外資に行きたいなら外資に強いエージェントの方が上

ここまで述べてきた通り、ビズリーチには外資系企業や外資系に強い転職エージェントが多い

それならば「外資系企業にいきたい場合にはビズリーチを利用するのが良いのか」と言うと、「YESではあるが、最善とは言えない」と考えている。

 

もちろん、ビズリーチでも外資系企業への転職は出来る。

しかしながら、ビズリーチで外資系企業に転職するよりも外資系に強い転職エージェントに登録する方がおすすめである。

 

その理由は以下の通りである。

  • ビズリーチでは、ビズリーチに参加している外資系企業からしかスカウトがもらえない
  • 転職エージェントは非公開案件(特に、その中でも良い案件)を自社に登録した、素性の分かっているユーザーに持ち掛けるため、ビズリーチで最高の求人が集まるとは言えない
  • 「外資系に強い外資系の転職エージェント企業」の多くは、ビズリーチに参加していない

 

齋藤
外資系に行きたい人がどの転職エージェントを使うべきかについては、次の次の項で解説しています。

 

ビズリーチを使うべき人

ビズリーチを使うべきなのは外資系志望者というよりも、むしろベンチャー志望者である。

この記事の文脈も踏まえると、ビズリーチを使うべき人は以下の通りである。

  1. 中小企業もしくはベンチャー企業(IT企業)に行きたい人
  2. 外資とベンチャーの両方に興味がある人
  3. 大企業で経験を積んでおり、ベンチャー役員になりたい人
  4. 20代の人

 

ベンチャー企業に興味がある人や、外資系企業とベンチャー企業の両方に興味がある人はビズリーチを使うべきだろう。

また、20代であればビズリーチを使って損はない。

>>20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由を人事プロが解説

 

ビズリーチ以上に外資に強い転職サイトとエージェント

ビズリーチは外資系に強いが、それ以上に外資系に強い転職エージェントがある、と述べた。

それはどこなのか。大手の転職エージェントで言うと、具体的には以下の通りである。

 

外資系に転職したい方は、上で挙げたエージェントにプラスしてLinkedinを使っておけば間違いはない。

 

まとめ

ビズリーチが外資系に強いという情報は間違っていないが、最善の選択肢というわけでもない。

ビズリーチを強くおすすめ出来るのは、ベンチャー企業志望者、もしくはベンチャー企業と外資系企業の両方に興味がある方である。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチ 外資
最新情報をチェックしよう!