20代 ビズリーチ

20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由を人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
最近、転職を考えている20代です。現在の年収は400万円くらいです。
どの転職サイトを使うか検討しているのですが、CMでよく見かける「ビズリーチ」が気になっています。
一方で、少し調べてみたら「ハイクラス」とか「年収600万以上」とか書いてあって20代の自分には場違いなのかなと思っています。
20代でもビズリーチを使ってもいいのでしょうか

 

今回のテーマは「転職サイト『ビズリーチ』の20代による利用の是非やその方法」である。

結論を一言で申し上げると「むしろ20代こそビズリーチを使うべき。その理由を解説する」内容の記事になっている。

 

齋藤
20代におすすめ出来る理由に限らず、ビズリーチの評判・口コミについて網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事・転職のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験

 

この記事を読むことで、ビズリーチを活用して転職先の選択肢を最大化することができ、20代というキャリアの初期でスタートダッシュを切ることが出来るようになるだろう。

 

【結論】20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由

20代でビズリーチを敬遠する方は多い。

敬遠されてしまっている理由については本記事の中で解説していくが、実は20代こそビズリーチを最も有効に使える年代なのである。その理由は以下である。

  1. 20代なら、ビズリーチを無料で使えるから
  2. 20代なら、年収600万円無くてもスカウトが来るから
  3. 20代なら、即戦力じゃなくてもスカウトが来るから

 

それぞれ解説していく。

 

【1】20代なら、ビズリーチを無料で使えるから

ビズリーチは、珍しいタイプの転職サイトである。

他の一般的な転職サイトが「企業側から掲載料をとり、ユーザー側は無料」というビジネスモデルであるのに対し、ビズリーチは「ユーザー側から利用料をとる」というビジネスモデルを採用しているからである。

 

齋藤
このおかげで、企業から見るとビズリーチは非常に参入しやすく、老舗ではないのにもかかわらず様々な案件が掲載されています。

 

これを知っていると、ただでさえ給与が低く可処分所得が限られがちな20代のビジネスパーソンの多くは、ビズリーチを使うことに二の足を踏むだろう。

20代からすれば「有料のビズリーチは使わず、いくらでもある他の無料サイト(リクナビNEXT等)を使う」となるのは合理的なことである。

 

齋藤
しかしながら、実は20代であれば、ビズリーチを無料で使えるのです。

 

実は、ビズリーチには「プラチナスカウト」というシステムがあり、企業やエージェントからプラチナスカウトをもらえれば無料会員でも案件に応募することが出来るのである。

そして、転職市場において「欲しがられる」年代である20代であれば、非常に多くのプラチナスカウトを受け取ることが出来る。

 

以上より、20代であれば「ユーザーから課金する転職サイト」であるビズリーチであっても、無料で使うことが出来るのである。

 

齋藤
筆者は人事側(企業側)としてビズリーチを使っていたので分かりますが、実は企業側も無料というわけではありません。
欲しい人材に「プラチナスカウト」を出すためには、安くはない月額利用料を支払ってプラチナスカウトを送る権利を買う必要があり、多くの企業はそうしています。

 

【2】20代なら、年収600万円無くてもスカウトが来るから

20代にこそビズリーチがおすすめ出来る2つ目の理由は、「20代なら年収600万円以下でも十分スカウトされるから」だ。

 

2022年現在、ビズリーチは積極的に広告宣伝活動を行っている。

その広告の中では、以下のようなフレーズが使われているため、「ビズリーチは年収600万ないと使えない(歓迎されない)」と思い込んでいる人も多い。

  • ハイクラス層向け転職サイト
  • 選ばれた人だけのハイクラス転職サイト
  • 年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1

 

しかしながら、これは誤解である。

ビズリーチは「600万円未満」の案件も豊富であり、実質的には「現在年収600万円以上であるか、もしくは将来的に年収600万円を目指す人のための転職サイト」であるといえるからだ。

 

その証左として、ビズリーチには「年収400万円~2000万円」のような異常に広い年収レンジが付いている求人案件が多い。

 

これは例えば「人事」でいえば、駆け出し人事スタッフであれば年収400万をオファーし、人事マネージャーであれば年収1,000万円をオファーするということである。

さらに、人事役員を務められるような人物であれば年収2,000万円をオファーする、など、柔軟にやっているのである。

 

当然と言えば当然であるが、キャリアのステージ・クラスに応じた案件が多様にあるということだ。

例えば「50代で年収400万円」だとビズリーチで案件がないかもしれないが、「20代で年収400万円」であれば案件は多いので安心してほしい。

 

齋藤
ビズリーチ側も、20代であれば年収600万円に満たない方が大半であることを分かっています。
20代であれば、現年収に関わらず使ってみていいでしょう。

 

【3】20代なら、即戦力じゃなくてもスカウトが来るから

前項と似ているが、ビズリーチは「こんなプロフェッショナルでもスカウトできます」という宣伝の仕方をしている。

このため、登録のハードルが高いと感じている人が多く、「ビズリーチは即戦力以外の会員を必要としていないのでないか」と思われている節がある。

 

しかしながら、これも20代に限っては誤解である。

既に述べた通り、ビズリーチには「未経験を前提とした年収帯」であるともいえる年収400万円前後~の求人も多い。

 

もちろん、未経験の40代・50代を採ろうとしているかと言うとそうではないのだが、20代であれば「採る可能性がある」どころか「採用のメインターゲット」である。

「ハイクラス」や「年収600万円以上」をうたうビズリーチであっても、20代であれば即戦力性はさほど問われない求人も多いのである。

 

なお、未経験職種への転職のコツは以下の記事に書いた。30代向けに書いたものだが、20代であっても参考になると思うので、必要に応じて参照してほしい。

>>30代での未経験職種の転職で絶対におさえておきたいことを人事プロが解説

 

最後に、「未経験職種への転職」ではなく「異業種への転職」であれば容易である。異業種への転職に興味があれば、以下の記事を参考にしてほしい。

>>異業種転職の教科書|成功率やメリット、失敗しないための対策、おすすめの業界まで

 

まとめ

ビズリーチには、20代がしり込みしがちな要素が多い。一方でそれらは20代であれば気にしなくて良い要素であり、ビズリーチはむしろ20代こそ利用すべきサイトだと言える。

 

「企業ではなくユーザーから課金する」という設立時には斬新だったシステムにより、ビズリーチは企業・スカウトからのアプローチ型のサイトとしては日本有数の巨大サイトとなっている。

インターフェースもよく、筆者も転職のたびにお世話になっているので、おすすめである。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

転職をお考えの方へ

人事としての経験上、転職活動が上手く行っていない方は転職サイト・エージェント選びが間違っていることが多かった。

当メディア「人事参謀」では、筆者が多くの転職サイト・エージェントと付き合ってきた経験から、年代・属性別に本当におすすめ出来る転職サイト・エージェントについて解説している。

また、データや根拠のない「おすすめ」「比較ランキング」は参考にしないことも重要である。

人事参謀では、以下のように転職経験者にアンケートをとった上で、転職サイト・エージェントの評判や口コミを分析している。

転職活動の入り口となる「転職サイト・エージェント選び」を間違えると、大切なキャリアを傷つけてしまうこともあるので、ご注意いただきたい。

20代 ビズリーチ
最新情報をチェックしよう!