転職サイト 登録 バレる

転職サイトへの登録がバレることはないと人事が断言する理由3つ

悩めるビジネスウーマン
転職サイトへの登録がバレるのではないかと心配しています。
転職活動を始めたのですが、まだ確実に転職するつもりはなく、自社の上司や人事にバレることが怖いです。
転職サイトへの登録はバレるのでしょうか?人事のご経験から教えてください。

 

今回のテーマは「転職サイトへの登録がバレるかどうか」である。

結論から申し上げると「転職サイトへの登録がバレることはほぼない。万が一あったとしても、現在の一般的な転職に対する考え方からすると、全く問題はない。バレることがない理由と、万が一バレても問題ない理由の2つを本文中で説明していく」という内容の記事になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事・転職のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験

 

この記事を読むことで、転職サイトへの登録がバレることはないことが分かり、安心して転職活動を開始または継続出来るだろう。

 

結論

冒頭でも述べたが、転職サイトへの登録がバレることはない。また、万が一バレたとしても全く問題はない

 

齋藤
とはいえ、結論を断言されただけでは不安だという人も多いと思うので、このように断言出来る理由について、続けて述べていきます。

 

転職サイトへの登録がバレることはないと人事が断言する理由3つ

転職サイトへの登録がバレることはないと人事が断言する理由は、以下の3つである。

  1. 転職サイトにはバレることを防止する機能がある
  2. 企業の人事が直接アクセスして探すことは少ない
  3. 見られるのは一部の採用担当だけ。人事ですら見ない

 

上記の理由について、それぞれ解説していく。

 

転職サイトにはバレることを防止する機能がある

まず、転職サイトには登録がバレることを防止する機能がある。

これはほぼ全ての転職サイトについている機能であるため、安心して良い。

 

具体的にどういった機能かについて説明しておこう。

転職サイトに登録すると、プロフィールや職務経歴を入力する欄に現在勤めている会社を入力することになるはずである。

 

その部分において、「現在勤めている会社にプロフィールを開示しない」等にチェックを入れることで、現在勤めている会社のIDでログインしている人間は、あなたを探し出すことが出来なくなるのである。

サイトによっては、現在勤めている会社だけではなく過去に勤めた会社からもプロフィールを秘匿することが出来る。

 

齋藤
例えば筆者がソニー株式会社に勤めているとしたら、ソニーの人事は筆者を探し出すことが出来なくなるわけです。
もう少し具体的に言えば、筆者に当てはまる経歴や年齢、学歴等で検索したとしても、筆者が検索結果に出てこなくなります。

 

「転職サイトへの登録はバレない」と断言出来る理由は、基本的にこの機能を前提としている。

逆に言えば、この機能をきちんと利用していないと、あなたが勤めている企業の人事担当があなたを探し出す確率はゼロではないので、注意しておく必要がある。

 

齋藤
具体的なやり方については、登録している転職サイトによって違います。
ただし、基本的には経歴・プロフィール・希望条件等を登録していく画面の中でどうすればよいか分かるようになっています。

 

企業の人事が直接アクセスして探すことは少ない

転職サイトへの登録がバレることがないよう、現在勤めている企業からは検索されないようにしてくれる機能があると書いた。

実は、この機能を使わなかったとしても、バレる可能性は少ない。

 

これは企業の規模にもよるのだが、大企業の人事担当が直接リクナビNEXTやマイナビ転職等にログインして人を探すことは少ない。

転職エージェントや、人材サーチ業務の代行業者に外注して探させている場合が多いからである。

 

当然のことだが、転職エージェントや人材サーチ業務の代行業者はあなたのことを知らないはずである。

よって、「クライアントの会社の人も、結構転職サイトを利用しているな」程度に思うことはあっても、それ以上のことにはならないのである。

 

齋藤
ただし、中小企業やベンチャー企業では、社員が直接転職サイトにログインして人を探している場合もあります。
また、大企業でも外注を使っていない場合もありますので、その場合には見つかる可能性があります。これについては次の項で解説します。

 

見られるのは一部の採用担当だけ。人事ですら見ない

あなたが現在勤めている会社をきちんと入力しておらず、なおかつ、あなたの勤めている企業では人事担当が直接転職サイトにログインしていたとしよう。

そうだとしても、あなたにとって困ったことになる可能性は低い

 

多くの場合、転職サイトにログインして人材をサーチする人間は、人事部門の中でも、採用部や採用チームの中の、中途採用の担当者1名~数名程度である。

これ以上潤沢に、自社で中途採用の検索(サーチ)に割く人員を用意できる会社はあまりないからである。

 

つまり、あなたが転職サイトに登録したと分かるのは、中途採用をやっているごく一部の人間だけである。

人事部員でさえも、その9割以上は(中途採用担当ではないので)あなたの登録内容を見ることはないだろう。

 

多くの場合、中途採用担当と関係を確立している人は少ない。

企業規模にもよるが、大した知り合いでもない自社の社員を見つけたところで「うちも結構転職サイトに登録している人がいるな」 程度の感想であろう。

 

ただし、もしあなたが採用部員(採用チームメンバー)等であれば、話は別である。

さすがに隣に座っている、同じ採用チームの人が転職サイトに登録していたら気づくと思うし、上司等に密告する厄介な人間もゼロではないだろう。

 

とはいえ、万が一バレたとしても全く問題ない。その理由については、次の項で説明していく。

 

転職サイトへの登録がバレるとどうなるのか

万が一、あなたが以下の条件を全て満たしてしまったとしよう。

  • 転職サイトへの登録がバレることを防止する機能を使っていない
  • ベンチャーや中小企業に勤めており、人事担当が直接転職サイトにログインして候補者を探している
  • 転職サイトにログインしている人事担当と親しい(または、社員が少数である)ため、どう考えてもバレる
  • その人事担当にバレた場合、すぐに上司に報告が行きそうな社風または関係性である

 

さすがにこの場合には、あなたが転職サイトに登録していることが上司等にバレることはあり得る。

しかしながら、現在の転職に対する考え方からすると、バレたところで全く問題はない

 

まず、現在の40代の75%以上が転職経験者であり、転職というのは「しない方が少数派」というものになってきている。

>>転職経験者の割合は56.6%。ただし今後は80%を超えていく見込みである理由

 

さらに言えば、上記の75%は実際に転職した人間の数値である。

つまり、「転職サイトに登録したことがある」という浅い条件で計測すると、8割どころか9割程度に達するのではないかと思われるのである。

 

あなたがバレることを心配している上司や人事自体、転職サイトに登録している可能性が高いということである。

 

齋藤
筆者自身も人事のプロフェッショナルですが、数にして20程度の転職サイトに登録しています。人事の転職は多いです。
(もちろん、日常的に使っているサイトはそのうちの一部です)

 

ここで、「いやいや、時代はそうかもしれないが、ウチの会社は閉鎖的だからマズい」と思う人もいるかもしれない。

 

職業選択の自由云々を超えて、現実として転職がここまで一般化した現代において、上司や人事がその認識なのであれば、その会社は少し異常だと言える。

逆説的にはなるが、その場合、なおさら脱出の準備はしておくべきである。転職が円滑にできる年齢は限られているのだから。

>>32歳までに1度は転職すべき8つの理由

 

まとめ

転職サイトへの登録がバレることはないし、万が一バレても問題ない。

転職サイトへの登録がバレるリスクよりも、転職活動を始めないリスクの方が相対的に恐ろしくなってきていると強く感じる。

>>転職しないリスクこそ恐ろしい。6つのリスクを人事プロが解説

 

転職をお考えの方へ

人事としての経験上、転職活動が上手く行っていない方は転職サイト・エージェント選びが間違っていることが多かった。

当メディア「人事参謀」では、筆者が多くの転職サイト・エージェントと付き合ってきた経験から、年代・属性別に本当におすすめ出来る転職サイト・エージェントについて解説している。

また、データや根拠のない「おすすめ」「比較ランキング」は参考にしないことも重要である。

人事参謀では、以下のように転職経験者にアンケートをとった上で、転職サイト・エージェントの評判や口コミを分析している。

転職活動の入り口となる「転職サイト・エージェント選び」を間違えると、大切なキャリアを傷つけてしまうこともあるので、ご注意いただきたい。

転職サイト 登録 バレる
最新情報をチェックしよう!