両面型 エージェント

両面型の転職エージェントとは?片手型(分業型)との違いやおすすめをプロが解説

悩めるビジネスウーマン
転職エージェントには、両面型とそうでないエージェントの二つがあると聞きました。
両面型とは、どういったエージェントのことなのでしょうか?両面型ではないエージェントとの違いを教えてください。
また、両面型のエージェントはおすすめできるのでしょうか?両面型の中でも、おすすめのエージェントはありますか?

 

今回のテーマは「両面型の転職エージェント」である。

結論から申し上げると「両面型のエージェントとは、1人のエージェントが企業とも候補者(転職活動中の方)ともコミュニケーションをとるエージェントのこと。両面型のエージェントは利用価値が高いので、メリットからおすすめの両面型エージェントまで解説する」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 自身の4回の転職経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、コンサルティングファームまで経験)
  • トップティアの外資系戦略コンサルティングファームを含む、数々の難関企業の選考に自身が合格してきた経験
  • 人事マネージャーとして多数の候補者の面接を行った、面接官としての経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェント・転職サイトと契約し、ダイレクトスカウトを含め採用を指揮・実施した経験
  • 転職により、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1800万に至った経験

 

この記事を読むことで、両面型のエージェントとは何かからそのメリット、具体的なおすすめまでが分かり、より深いレベルで転職エージェントを活用できるようになるだろう。

 

結論

まず結論からいこう。

両面型と片手型(分業型)のエージェントで言えば、両面型の方がおすすめだ。

 

これは定義から明らかであり、両面型ではあなたと話しているエージェントが企業ともつながっており、ニーズの把握や売り込み力が強いためである。

対して、片手型ではミスマッチが起こりやすく、企業担当のエージェントはあなたのことを書類上・コメント上でしか知らないため、当然ながらあなたを売り込む力も弱い。

 

両面型のエージェントは数が少ないため、両面型のエージェントでの筆者のおすすめは一つしかなく、それはJACリクルートメントである。

 

 

以上の結論となった理由は本文で解説していく。

 

両面型の転職エージェントとは?その具体例は?

冒頭にも述べた通り、両面型の転職エージェントとは、一人のエージェントが企業の担当者(人事)と候補者(転職活動中の方)の両方とコミュニケーションをとるタイプのエージェントである。

 

具体例を出すと、転職エージェントのAさんがソニーの人事とも、ソニーに入りたい候補者とも「両方」コミュニケーションをとっているということである。

転職エージェントの業界用語では、これを両面型という。

 

両面型は法人・個人ともにエージェント1人で対処する必要があるため、エージェント側に力量が求められ、手間がかかるため、両面型を採用している会社は少ない

 

代表的な両面型のエージェントは、JACリクルートメントである。

逆に、リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどの大手エージェントは全て両面型ではない(片手型の)エージェントである。

 

齋藤
両面型の逆である片手型(分業型)のエージェントについては次項で解説していきます。

 

両面型のエージェントと片手型(分業型)のエージェントの違いとメリット・デメリット

両面型のエージェントと対になる概念が、片手型(分業型)のエージェントである。

片手型のエージェントでは、「法人チーム(ソニーなどの企業に求人ニーズを聞くチーム)」と「求職者チーム(転職活動中の方を探し、求人を紹介するチーム)」に分かれる。

 

転職活動中の方(求職者)から見た違い、およびメリット・デメリットは以下である。

両面型のエージェント片手型(分業型)のエージェント
エージェントのレベル高い。法人・個人対応を全て1人でこなす必要がある人による。分業なのでイマイチなエージェントでもなんとかこなせる
企業ニーズを把握しているか把握している。実際に企業ニーズを聞いたエージェントが対応してくれる把握はしているが、求職者に伝えにくい。企業のニーズを把握する人とそれを求職者に伝える人が別
メリット
  • 企業ニーズが把握できているため、ミスマッチが少ない
  • 企業と話しているエージェントなので、企業への売り込み力が強い
  • 求職者対応の専門チームがいるため、対応が丁寧
  • 企業対応の専門チームがいるため、求人数が多い
デメリット
  • 求職者視点からは特にない
  • 企業ニーズを把握する人と紹介する人が別人なのでミスマッチが多い
  • 企業との間に2人以上のエージェントを挟むため、対応が遅くなることが多い
具体的なエージェント企業名JACリクルートメント、Spring転職エージェント、パソナキャリアリクルートエージェント、マイナビエージェント、doda

 

どちらがいいのかと言えば、転職活動中の方(求職者)の視点で言えば間違いなく両面型の方が良いだろう。

片手(分業)型のメリットは、「分業によりイマイチな人でも戦力化しやすい」「分業によりオペレーションを効率化しやすい」など、求職者ではなく「エージェント企業側のメリット」が多い。

 

齋藤
そもそも分業とは、効率性の追求によりコストを抑えて価格を下げるためのものです。
転職エージェントは無料で利用できる、つまり価格がもともとゼロであることから、ユーザー(求職者)から見たメリットはありません。

 

両面型は(法人営業と個人対応の両方が強いられるため)エージェントにとってはキツいが、ユーザーによってはいいことばかりの形態である。

 

両面型のおすすめエージェント

両面型のエージェントが良いとは言っても、おすすめのエージェントは少ない。

なぜなら、そもそも両面型のエージェント自体が少なく、ほとんどが片手型(分業型)だからである。

 

数少ない両面型のエージェントの中で筆者がおすすめできるのが、JACリクルートメントである。

理由は「JACリクルートメントの転職エージェントの特徴を人事プロが解説」に記載したとおり、以下のような特徴を持つためだ。

  1. 国内最大の転職エージェントである
  2. 非公開求人(転職サイトに掲載されていない求人)が多い
  3. 外資系・グローバル日系大企業に強いが、ベンチャー企業に弱い
  4. ハイクラス・ミドルクラスに強いが、意外に第二新卒レベルの求人も豊富
  5. 「両面型」のエージェントであり、企業のニーズに詳しい
  6. 誠実である。イマイチなエージェントもいるが、すぐいなくなる

 

上記のうち、⑤(両面型のエージェントであること)以外はすべて、両面型・片手型とはあまり関係のないメリットである。

 

仮にJACリクルートメントが片手型であったとしても、国内最大級の非公開求人を持つ転職エージェントを利用することにはメリットがある。

年収のクラスは実質あまり問われず、ベンチャー企業以外であれば豊富な求人を揃える。

 

齋藤
逆に、ベンチャー企業に興味がある方はビズリーチを利用すべきです。

>>JACリクルートメントとビズリーチは比較するのではなく複数利用すべき理由をプロが解説

 

両面型を採用していることからも分かるとおり、JACリクルートメントは所属するエージェントのレベルも高い。

リクルートやマイナビほどの知名度はないのだが、プロとしておすすめできるエージェントである。

 

まとめ

ユーザー(転職活動中の方)の視点では、両面型エージェントのほうがおすすめだ。

 

両面型のエージェントは、あなたと話しているエージェント自身が企業のリアルなニーズを聞き取っている。

そのため、企業にとっても求職者にとってもマッチングミスが少なく、企業の担当者(人事)に候補者を売り込む力も強いのである。

 

両面型エージェントで最もおすすめできるのが、JACリクルートメントである。

その理由についてはすでに述べたので繰り返さないが、両面型であることを除いても「日本最大の転職エージェント企業」であるため、利用のメリットは多い。

 

両面型 エージェント
最新情報をチェックしよう!