JACリクルートメント 年収アップ

JACリクルートメントで年収アップ出来る3つの理由

悩めるビジネスウーマン
現在転職活動をしており、今回の転職では年収アップを果たしたいと思っています。
色々調べていく中で、年収アップに結び付きやすい転職エージェントはJACリクルートメントであると聞きましたが、なぜなのかが分かっていません。
JACリクルートメントで年収アップ出来る理由について教えてください。

 

今回のテーマは「JACリクルートメントを使うと年収アップ出来る理由」である。

結論から申し上げると「JACリクルートメントは外資系企業やミドル~ハイクラスの求人に強く、さらに年収交渉にも長けているため、他のエージェントと比較して年収アップにつながりやすい」という内容になっている。

 

齋藤
年収アップ出来る理由に限らず、JACリクルートメントの評判について網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>JACリクルートメントの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

この記事を読むことでJACリクルートメントを使うと年収アップにつながりやすい理由が分かり、実際にJACリクルートメントを利用して年収を上げることが出来るようになるだろう。

 

結論

転職エージェント「JACリクルートメント」を使って転職活動をすると年収アップしやすい理由は、以下の通りである。

  1. 年収アップの理由1:JACを使うと外資系が自然と選択肢に入るから
  2. 年収アップの理由2:JACにはミドル~ハイクラスの非公開求人・独占求人が多いから
  3. 年収アップの理由3:JACには年収交渉に長けたエージェントが多いから

 

上記の理由それぞれについて、本文中で解説していく。

 

 

年収アップの理由1:JACを使うと外資系が自然と選択肢に入るから

当サイトの読者であればご存知だと思うが、JACリクルートメントは外資系に強い

外資系・ハイクラス専門の子会社「JACインターナショナル」を立ち上げており、JACリクルートメント本体でも外資系のミドルクラス以下の求人を多数保持している。

>>JACリクルートメントは外資系に強い?外資系求人しかない?英語は必要?プロが解説

 

この「外資系に強い」という特性が、JACリクルートメントが年収アップに強いエージェントであることにつながっている。

というのも、外資系企業では、同じレベルのポジションでも日系企業より50~200万円ほど年収が高いためである。

 

齋藤
この差額は「外資系プレミアム」とも呼ばれます。

 

JACリクルートメントは外資系に強いエージェントなので、付き合っていくうちに外資系企業のポジションを含めて提案されることが多い。

結果として、JACでは年収アップ転職となる求人を非常に提案されやすいのである。

 

齋藤
ちなみに、現在はビジネス英語が堪能ではないが外資系に興味があるという人には、JACリクルートメントは特におすすめです。
JACは外資系に強い割に、日本人エージェントばかりなので、日本語で転職活動を進めることが出来ます。そのため、入社してから英語力を上げる方針でもなんとかなります。

 

さらに、JACリクルートメントは外資系以外にも日系グローバル大企業に強い。

日系グローバル大企業も年収は高めなので、外資系に興味がない場合であっても年収アップにつながる求人が紹介されやすい。

 

年収アップの理由2:JACにはミドル~ハイクラスの非公開求人・独占求人が多いから

JACリクルートメントには、ミドルクラスやハイクラスの求人が多い。

一般的に転職マーケットでは年収800万円以上の求人をハイクラス、年収600~800万円程度の求人をミドルクラスと呼ぶが、JACリクルートメントには年収600~1,500万円の年収レンジの求人が豊富である。

 

齋藤
このことは、JACリクルートメントの公式サイトにも記載されています。

 

また、JACリクルートメントには非公開求人や独占求人が多い。

非公開求人(転職サイトには公開されていない求人)や独占求人(JACリクルートメントだけが持つ求人)は、その性質上、公開求人に比べて競争率が低くなる。

 

以上のことから、JACリクルートメントに登録すると競争率が高くない年収600~1,500万円の求人が豊富に紹介されるため、年収アップにつながりやすいのである。

 

齋藤
もちろん、そういった求人が紹介されるかどうかは経歴によります。とはいえ、経歴に自信がなくてもまずはJACリクルートメントのエージェントに相談してみることがおすすめです。転職エージェントこそ、キャリアアップ転職のプロだからです。

 

年収アップの理由3:JACには年収交渉に長けたエージェントが多いから

転職エージェントの役割は、以下のように幅広い。

  1. あなたの話をしっかりと聞き、ぴったりの仕事を探し、提案するカウンセラーであり、リサーチャーであり、プレゼンターである
  2. あなたの転職活動における書類選考対策や面接戦術を指導する教官(メンター)である
  3. 転職における様々な「めんどくさいこと(日程調整や要望の伝達、本音の引き出し等)」を調整してくれるコーディネーターである
  4. あなたに代わって給与交渉をする代理人(交渉人、ネゴシエーター)である
  5. 多くの人が時々自信を失いがちな転職活動において、あなたを励まして成功に導く伴走者であり、モチベーターである

 

年収アップのために特に重要なのが上記の④、年収交渉のネゴシエーター(交渉人)としての役割である。

JACリクルートメントの評判を見ると分かる通り、JACリクルートメントには経験を積み、年収交渉にも長けた転職エージェントが多いため、より高い年収でのオファーが期待できる。

 

齋藤
そもそも、転職エージェントは転職させた人の年収の3割程度を手数料として企業から徴収するビジネスモデルです。
あなたの年収が高くなればなるほど自分の受け取る手数料も上がるので、年収交渉を高く決着させることは転職エージェントにとっても重要事項なのです。

 

まとめ

本記事で述べてきたとおり、JACリクルートメントを使うと年収アップしやすい。

さらに、JACリクルートメントは信頼できる転職エージェント企業であるため、年収アップのために無茶な転職をさせようとすることはない

 

そこが外資系の転職エージェントとは違う点であり、筆者がJACリクルートメントをおすすめ出来る理由の一つになっている。

 

JACリクルートメント 年収アップ
最新情報をチェックしよう!