ビズリーチ 登録できる人

ビズリーチに登録できる人の条件とビズリーチの審査基準について人事プロが解説

悩めるビジネスウーマン
転職サイト「ビズリーチ」に登録したいのですが、審査があると聞きました。
ビズリーチの審査内容は非公開のようなのですが、人事のプロの方ならある程度推測できるのではないか、と思いました。
ビズリーチに登録できる人の条件とビズリーチの審査基準について、教えていただけないでしょうか?

 

今回のテーマは「ビズリーチに登録できる人の条件とビズリーチの審査基準」である。

結論から申し上げると「ビズリーチに登録できる人の条件は確かに非公開だが、実際の合否例や人材業界の常識から推測は出来る。本記事では、年代別に『ビズリーチに登録できる人の条件』を解説していく」という内容の記事になっている。

 

齋藤
本記事の執筆者は、人事執行役員として、ビズリーチを使ってダイレクトリクルーティングをしていた経験があります。
登録条件や審査基準に限らず、ビズリーチの評判・口コミについて網羅的に知りたい方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

この記事を読むことで、ビズリーチに登録できる人の条件が分かり、安心してビズリーチに登録することが出来るようになるだろう。

 

結論

まず本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

  • ビズリーチは登録時に審査がある、珍しい転職サイトである
  • ビズリーチの審査で見られているのは、①職務経歴書の充実、②経歴、③現年収、④年齢と推測される。厳しい審査ではないが、①は重要
  • 年齢によって経歴や年収で求められるハードルは異なるため、本文中で「ビズリーチに登録できる人」を年代別に解説

 

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

【前提】ビズリーチは審査あり、有料の珍しい転職サイト

転職サイトは審査なし、かつ無料で登録できるものがほとんどである。

その一方で、ビズリーチはハイクラス求人への特化を謳うサイトであるため、登録時に審査があり、審査に落ちると登録すらできない。

 

齋藤
とはいえ、後述する通りあまり厳しい審査ではないので、恐れることはありません。
審査結果は登録後3営業日以内に通知されます。

 

また、ビズリーチは(求職者として)利用するために料金がかかる、有料の転職サイトである。

求職者は無料で利用できるのが基本の転職サイトの中では、これも珍しい仕様である。

 

審査あり、かつ有料のビズリーチを使う価値はあるのかと言うと、ベンチャー企業に強いこと、無料で使う方法があることの2つの理由から、その価値はある。

この辺りについては以下の記事で詳しく解説したので、気になる方は参考にしてほしい。

>>ビズリーチを無料で使う4つの方法を人事プロが解説

 

ビズリーチに登録できる人は?審査基準は非公開だが推測は容易

ビズリーチの審査基準は非公開である。

とはいえ、その審査基準は容易に推測が可能で、以下の2つの作業をしていると思われる。

  1. ハイクラス転職サイトとして最低限の体裁を保てなくなる人材を除いている
  2. ビズリーチに掲載された案件の最低年収である400万円の求人に、応募すらできない経歴の人材を除いている

 

「ハイクラス転職サイトとして最低限の体裁を保てなくなる人材」と言われると厳しいような気もするが、実際の審査基準は全く厳しくなく、むしろ甘い

実際に、29歳、年収280万円、転職5回の方でも受かったという事例が報告されている。この方の学歴等の属性は分からないが、少なくとも年収だけで判断しているわけではないことが分かる。

 

こうした実際の合否例や人材業界における常識から考えると、ビズリーチの審査基準として定められているのは以下の4つだろう。

  1. 職務経歴書の充実
  2. 経歴(学歴と職歴)
  3. 現年収
  4. 年齢(年代)

 

それぞれ簡単に解説していく。

 

職務経歴書の充実

最も重要だと思われるのが、この職務経歴書の充実である。

後述するような経歴や年収、年齢がどうにもならないという場合を除き、情報が十分入力されているのであれば、転職できる可能性はある。転職サイトとしては、転職できる可能性がある人材(=顧客)を逃す手はない。

 

齋藤
逆に言えば、どんなに優れた人材であっても職務経歴の各項目が未入力であれば、登録を拒否される可能性はあります。

 

経歴(学歴と職歴)

職務経歴書の内容、つまり経歴も重要である。

具体的には、学歴と職歴(社格)が重要になってくるだろう。

 

後述するが、経歴のどの部分が重要なのかは年齢によって異なる

20代であれば学歴の重要度が高く、30代からは職歴や実績の方が圧倒的に重要になってくる。

 

齋藤
ちなみに他の転職情報サイトにおいて、「社会人経験が数年あることが必要」と書いてありました。
しかし、筆者の知り合いで新卒1年目でビズリーチに登録できた方もいるので、これは明確に間違いです。

 

現年収

ビズリーチには最低でも年収400万円以上の案件しかないので、現年収も重要である。

実際、現年収からある程度の人材のレベルが分かる場合は多い。

 

齋藤
とはいえ、年収が400万円なければ登録できないわけでも、年収400万円以上なら確実に登録できるわけでもありません。
後述しますが、年代によって求められるハードルは異なります。

 

年齢(年代)

【職務経歴書・履歴書】日系最大手の面接官が見ているたった4つのポイント」に書いた通り、年齢(年代)は経歴を判断する上で間違いなく最重要となるファクターである。

学歴や経歴の重要性も年齢によって異なるため、次項にて年代別の要件を記載していくことにしたい。

 

【年代別】ビズリーチに登録できる人

前項にて、「職務経歴書の充実」以外に以下の3点がビズリーチに登録するための条件だと書いた。

  • 経歴(学歴と職歴)
  • 現年収
  • 年齢(年代)

 

年齢(年代)によって求められる年収や経歴は異なってくるので、本項ではビズリーチに登録できる人(正確には、できると思われる人)を年代別に解説していく。

 

20代でビズリーチに登録できる人

まずは20代から、絶対に必要な条件と、どれか一つ満たせばよい条件に分けて書く。

 

29歳、年収280万円、転職5回の方でもビズリーチに登録できたという事例からも分かる通り、20代の登録条件は厳しくない。

20代は圧倒的に転職に有利な年齢であり、ビズリーチからしても、20代はいればいるほどビズリーチ内での転職に繋がるありがたい年代である。

>>20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由を人事プロが解説

 

齋藤
以上のことから、20代に関しては、仮に以下の条件に当てはまっていなくとも登録を試みる価値があると思います。

 

20代での審査通過のため絶対に必要な条件

  • 現在、正社員である

 

20代での審査通過のためどれか一つ満たせばよい条件

  • 学歴がGMARCH・関関同立以上
  • 現在の勤務先の平均年収が500万円以上
  • 現年収が300万円以上

 

30代でビズリーチに登録できる人

30代になると、20代の頃と比べ学歴の重要性が低くなってくる。

30代では、学歴よりも社会人経験や( 20代を通じて築き上げた)現在の年収が重要である。

 

30代での審査通過のため絶対に必要な条件

  • 現在、そしてキャリアのほとんどが正社員である
  • メインとなる職種での経験3年以上

 

30代での審査通過のためどれか一つ満たせばよい条件

  • 現在の勤務先の平均年収が500万円以上
  • 現年収が400万円以上

 

40代以上でビズリーチに登録できる人

40代になると、学歴の重要性はほぼなくなってくる。

さらに、経歴についてもキャリアを通じてどのようにキャリアアップしてきたか、その結果としての年収の方が重要になる。

 

齋藤
40代になると、「年収600万円以上の転職」を謳うビズリーチで、即戦力として転職できることが前提になってきます。
そのため、現年収にもそれに近い水準が求められます。

 

40代以上での審査通過のため絶対に必要な条件

  • 現在、そしてキャリアのほとんどが正社員である
  • メインとなる職種での経験10年以上

 

40代以上での審査通過のためどれか一つ満たせばよい条件

  • 現年収が500万円以上でマネジメント経験がある
  • 現年収が600万円以上

 

まとめ

ビズリーチに登録できる人に当てはまるのかどうかは、最終的には登録してみないとわからない。

ただし、本記事で述べた条件に当てはまっていれば高確率で登録が出来ることは間違いない。ビズリーチからしても登録者がいないとビジネスが成り立たないので、率直に言って審査基準は厳しくないのである。

>>ビズリーチの評判・口コミを人事プロが解説

 

ビズリーチ 登録できる人
最新情報をチェックしよう!