リクナビNEXT 比較

【比較】リクナビNEXTを人事プロが徹底比較

悩めるビジネスウーマン
新卒入社して働いている会社が合わず、転職を考えています。
就活時にはリクナビだけで大丈夫だったので、転職でもリクナビNEXTを使ってみようかと思っています。
ただ、転職サイトは(就活サイトのリクナビ・マイナビの2強と比べて)選択肢が広そうです。
他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のリクナビNEXTの特徴や、おすすめできるのかどうか等、教えてください。

 

今回のテーマは「他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のリクナビNEXTの特徴、そしておすすめできるのかどうか」である。

結論から申し上げると「リクナビNEXTは、あらゆる転職サービスの中で最も広い求人カバー範囲を持つ、おすすめの転職サイトである。しかし欠点もあり、就活時と違いリクナビだけで大丈夫というわけには行かない。本記事では実際の比較表や、他と比較した際の特徴等を含めて詳しく解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1,800万に至った経験

 

この記事を読むことで他の転職サイト・転職エージェントとリクナビNEXTを比較した際の特徴が分かり、自身がリクナビNEXTを利用するべきかどうかがはっきりするだろう。

 

結論

まず、本記事の結論を述べる。

リクナビNEXTは、日本トップクラスの求人カバー範囲を誇り、特に年収800万までのレンジであれば必須といえる転職サイトである。

 

リクナビNEXTを他の転職サイト・転職エージェントと比較すると、以下のような特徴がある。

  1. 国内最大の転職サイトであり、業種・職種を問わず、あらゆる求人が集まる
  2. 掲載された求人に応募する使い方がメインだが、転職エージェントからのスカウトもある
  3. リクルートダイレクトスカウトとの兼ね合いで、ハイクラス求人(年収800万以上)は少ない
  4. あらゆる求人が掲載されているため、質の悪いものも含まれる。選別する必要あり

 

上記の特徴に鑑みると、以下の項目のいずれかに当てはまる人は特にリクナビNEXTを使うべきであると言える。

  • 自身の転職の軸が定まっておらず、色々な求人を見たいと思っている人
  • 初めての転職を検討している人
  • 転職エージェントからどんどんおすすめされるのが苦手であり、自分で求人を見て考えたい人
  • 年収が800万円未満の人
  • 20代の人

 

【一覧表】リクナビNEXTを他の転職サービスと比較

リクナビNEXTは、日本最大の人材系企業であるリクルート社が運営する、日本最大級の転職サイトである。

よって、比較対象も日本最大級の転職サービスとすべきだろう。本記事では以下の転職サービスと比較していく。

  • リクルートエージェント、リクルートダイレクトスカウト:リクナビNEXTと同じく、日本最大の人材系企業であるリクルートが運営
  • ビズリーチ:企業からのアプローチ型(スカウト型)として最大手の転職サイト
  • JACリクルートメント:国内トップの売上高を誇る転職エージェント

 

早速だが、リクナビNEXTと他の転職サービスの比較表は以下の通りである。

リクナビNEXTリクルートエージェントリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)ビズリーチJACリクルートメント
形態転職サイト転職エージェント転職サイト転職サイト転職エージェント
特徴
  • 日本最大級の求人サイト
  • あらゆる企業や転職エージェント、そしてそれらが抱える求人が集まる
  • 担当制。リクルート社のエージェントがつく
  • リクナビNEXTのエージェント版とも言える
リクナビNEXTのハイクラス版
  • 求職者から料金を徴収する有料サイト
  • ベンチャーや中小企業が多い
単一のエージェントとして日本最大級の非公開求人を抱えており、ホワイトカラーの転職では日本一の売上高を誇る
エージェントのレベル
  • 転職エージェントからのスカウトではなく、掲載求人が中心
  • エージェントもいるがレベルは様々
  • エージェントはリクルート社員なのでレベルは高め
  • ただし、サポートは手厚くない
  • 掲載求人もエージェントも両方あり
  • ハイクラス専門のエージェントばかりなので、平均レベルは高め
千差万別であり微妙なエージェントも多いよく教育されており、レベルは高い
保有求人の強み日本最大級の求人が集まるとにかく保有求人の量が多いハイクラス求人に強いベンチャー企業、中小企業に強い外資系とグローバル日系大企業、ミドルクラス~ハイクラスに強い
保有求人の弱み
  • 年収1000万以上になると使えない
  • 質が悪いものも含まれるため選別が必要
質が悪いものも含まれるため選別が必要
  • ハイクラス求人しかない
  • 年収800万円以下だと使えない
質が悪い中小企業求人も多く選別が大変ベンチャー企業に弱い
料金無料無料無料 有料:月額3,278~5,478円無料

(※ 上記の表は左右にスクロール可能)

 

齋藤
上記の比較から分かる「リクナビNEXTの特徴」については、次項で解説します。

 

リクナビNEXTを他の転職サイト・エージェントと比較した際の特徴

前項のまとめ的な内容になるが、転職サイトとしてのリクナビNEXTの特徴は以下の通りである。

  1. 国内最大の転職サイトであり、業種・職種を問わず、あらゆる求人が集まる
  2. 掲載された求人に応募する使い方がメインだが、転職エージェントからのスカウトもある
  3. リクルートダイレクトスカウトとの兼ね合いで、ハイクラス求人(年収800万以上)は少ない
  4. あらゆる求人が掲載されているため、質の悪いものも含まれる。選別する必要あり

 

このうち、重要なのは①と③である。

リクナビNEXTの特徴を一言で表すと、「ほとんど何でもあるが、ハイクラス求人だけはない」となる。

 

結論としてリクナビNEXTは、800万~1000万の年収レンジを超えてしまった人以外の全ての人におすすめ出来る転職サイトである。

 

齋藤
日本では実質的に「転職活動のスタート=リクナビNEXTへの登録」となっていると言ってもよいくらい、ポピュラーな転職サービスだと言えるでしょう。

 

他と比較して特にリクナビNEXTを使うべき人

これまでに述べてきた内容を踏まえると、他の転職サイト・転職エージェントと比較して、特にリクナビNEXTを使うべき人は以下の通りである。

  • 自身の転職の軸が定まっておらず、色々な求人を見たいと思っている人
  • 初めての転職を検討している人
  • 転職エージェントからどんどんおすすめされるのが苦手であり、自分で求人を見て考えたい人
  • 年収が800万円未満の人
  • 20代の人

 

上記の項目のどれか一つにでも当てはまっていれば、リクナビNEXTを使う価値がある。

特に1番目の項目、つまり「職種や業種、日系/外資/ベンチャー等の、転職したい企業やポジションのイメージがあまり固まっていない人」にはおすすめである。

 

齋藤
すでに転職先のイメージが決まっている方であれば、そのイメージに沿った転職サイト・転職エージェントを選んだ方がいいでしょう。
例えば、外資系に行きたいならJACリクルートメントベンチャーに行きたいならビズリーチなどです。

 

まとめ

リクナビNEXTは、日本トップクラスの求人カバー範囲を誇り、特に年収800万円までのレンジにいる人にとっては必須といえる転職サイトである。

年収が800万円を超えていないのであれば、複数利用する転職サイトの一つに必ず加えておくべきサイトだと言えるだろう。

 

一方で、リクナビNEXTはカバー範囲が広すぎるがゆえに明確な強みがないとも言えるので、ビズリーチやJACリクルートメントと組み合わせて使うと更に盤石である。

>>おすすめ転職サイト・エージェント|プロ厳選の比較ランキング

リクナビNEXT 比較
最新情報をチェックしよう!