テクノプロ 辞めたい

テクノプロを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

悩めるビジネスパーソン

技術者派遣のテクノプロで働いています。
今はあるメーカーに派遣されて働いていますが、技術者とは名ばかりの雑務をしています。

数年で職場が強制的に変わる派遣に疲れたこともあり、転職を考えています。
とはいえ、自分が他のメーカーで通用するか不安です。テクノプロを辞めても大丈夫でしょうか?

 

今回は日本における技術者派遣(特定労働者派遣サービス)企業の大手のひとつ、株式会社テクノプロについて扱う。

テクノプロを辞めたい方の教科書」と題して、元・テクノプロ社員の退職理由辞めた後の後悔市場価値、進路に至るまでを記載していく。

 

齋藤
テクノプロは、技術者を中心とした人材派遣会社で、2022年現在の社員は約18,000名、売上は約1,200億円の人材派遣業界大手です。
いわゆるグッドウィル事件で有名になった人材派遣大手「グッドウィル」の後継会社にあたります。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当ブログは以下の経験を持つ(転職や働き方を含む)人事のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 自身の4回の転職経験
  • トップティアの外資系戦略コンサルを含む、数々の難関企業の選考に自身が合格してきた経験
  • 人事マネージャーとして多数の候補者の面接を行った、面接官としての経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトと契約し、ダイレクトスカウトを含めた採用を指揮・実施した経験
  • 転職により、30代前半で東証一部上場企業の人事執行役員/年収1800万に至った経験

 

この記事を読むことで、テクノプロを本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

 

齋藤
筆者は個別企業の「辞めたい方のための教科書」を多く執筆しているため、他の離職率が高い企業と比較しての特徴等も含めてご紹介します。

 

テクノプロは派遣業であるため給与が低い上にスキルもつかず、やる気のない社員も多い

まず、テクノプロを辞めたい人は多いのかどうかについて記載する。

結論から言えば、派遣業という業態から年収・昇給が少ない上にスキルがつかないため、向上心や能力のある人を中心に転職を考える人は多い会社である。

 

まずはOpenWork(旧・Vorkers)の口コミから分かるテクノプロの組織風土を見てみよう。主に「辞めたい」につながるネガティブなコメントを抽出している。

  • 良くも悪くも派遣業者。チームワークは感じられない
  • 企業文化や労働環境は、派遣先の企業がどこになるかによる。完全にガチャ。
  • ITエンジニアとしてスキルアップしようとしたら、電話対応と資料作成が主要業務だった
  • スキルアップ等の成長については配属先と本人任せ
  • やる気がない人が多い。営業も技術もレベルが平凡
  • 有給消化率を上げるための理不尽な仕組みがある
  • 評価が曖昧で、給与は非常に上がりにくい。10年、20年働ける給与ではない

 

口コミを見ると、同じ派遣業のアウトソーシングテクノロジー社を調査した際と同じような結果となった。

>>アウトソーシングテクノロジーを辞めたい方の教科書

 

テクノプロに限らず、派遣業という業態では共通して以下のような特徴がある。

  1. 社風や職場環境が派遣先次第
  2. 給与アップ(昇給)があまりない
  3. エンジニア派遣であっても雑務を任されがちで、スキルアップは難しい

 

次に、テクノプロについて、OpenWork(旧・Vorkers)やリクナビ等のデータから分かることを見てみよう。

  • OpenWorkによると、平均残業時間が18.1h、有給休暇消化率が73.8%と、人材サービス業界の中ではかなりホワイトな労働環境
  • OpenWorkの組織風土スコアによると、人材サービス業界の平均と比べ、「法令順守意識」以外の全ての数値が低い
  • enライトハウスによると平均年齢は32.6歳、リクナビ2023によると平均勤続年数は5.8年である。平均年齢が低く、平均勤続年数も短い
  • 実際に、Google検索における「テクノプロ 辞めたい」の検索数は多い(月あたりで数百回検索されている)

 

労働環境の数値や組織風土スコアから見た、テクノプロの特徴は以下の二つである。

  1. 人材サービス業界の中では、労働時間的にはホワイト
  2. とはいえ、大手であるにもかかわらず「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人事評価の適正感」の5項目で業界平均にボロ負けしており、お世辞にも良い会社とは言えない

 

以上より、テクノプロは労働時間的にはホワイトだが、派遣業であるため給与が低い上にスキルもつかず、やる気のない社員が多く明確な社風もない会社であると言えるだろう。

このために、スキルアップしたい方や給与を上げたい方など、向上心や能力のある人間から辞めていく会社であると思われる。

 

OpenWork(元・Vorkers)から見るテクノプロの退職理由

各企業の退職者による口コミ情報サイトであるOpenWork(元・Vorkers)には、現時点で486件のテクノプロの退職理由が記載されていた。

ここからサンプル抽出して分析してみると、多い順に以下の退職理由となった。

 

  1. 給料が安く、しかも上がらない。残業できるかも派遣先次第
  2. 派遣なのでスキルアップできる業務が回ってこない
  3. 職場を転々とするため、勤務地が変わる
  4. その他(スキルがマッチしない業務に就かされた、営業とエンジニアの待遇差、等)

 

上記の①および②が非常に多く、こちらもアウトソーシングテクノロジーを辞めたい人の退職理由と同じような結果となった。

特に②(スキルアップできない)の多さが特徴的で、内訳としては以下のような内容があった。

  • 派遣先によって、雑務ばかりになる
  • 「正社員未満、バイト以上」の業務が割り振られるため、スキルアップできない
  • 職場を短期間でたらい回しになるため、スキルアップが難しい

 

まとめると、給与が安くスキルアップも出来ないという理由で若いうちに退職する方がほとんどであった。

これは5.8年という短い勤続年数、32.6歳という低い平均年齢にもつながっている。

 

齋藤
これらはテクノプロ社というより、派遣業というビジネスモデルに起因している部分が大きいです。
一般的に派遣会社では、通常の事業会社の正社員になれそうな方から辞めていきます。

 

テクノプロを辞めたら後悔するか

テクノプロを辞めたいという方の中には「辞めたら後悔するのか?」が気になる方もいるだろう。

結論から言えば、「後悔する可能性はほぼない」が筆者の回答である。

 

その根拠は以下の2つである。

  1. 「社風や人間関係」の様な曖昧な要素ではなく、明確に「給与、労働環境、スキル」の向上を求めて辞める方がほとんどであるため、失敗しづらい
  2. テクノプロは派遣業で、かつその中でもOpenWorkにおける組織風土の数値が良いとは言えない。派遣業でない会社への転職にせよ、派遣でのステップアップにせよ、失うものが少ない

 

結論として、辞めて後悔する要素が少ないので、転職活動を開始してしまって大丈夫である、ということである。

 

齋藤
なお、「パナソニックを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで」等を読んでいただくと分かりますが、筆者は「辞めたら後悔する可能性が高い」という会社の場合には、そのように率直に申し上げています。

 

元・テクノプロ社員の市場価値と退職後の進路

さて、次は元・テクノプロ社員の市場価値と退職後の進路についてである。

 

実は市場価値というものは、現在の在籍会社だけで判定するのは難しい。

【ミイダス診断は嘘】転職の市場価値はエージェントの求人で判断すべき理由」にも記載したが、本当の市場価値は、転職エージェントに登録し、エージェントが持ってくる求人で判断するしかない。

 

とはいえ、目安としての市場価値を、平均年収等から考えておこう。

 

まず、既に述べた通り、テクノプロの平均年収はOpenworkで400万円である。

これは大企業の平均年収705万円どころか、日本人の平均年収430万円よりも低く、10,000人を超える規模の社員数を誇る大企業としてはかなり低い。

 

これはテクノプロ固有の理由というより、派遣業という業態のせいである。

派遣業では、労働の対価の一部が派遣会社(この場合はテクノプロ)に中抜きされているからである。

 

齋藤
これが良いとか悪いとかの善悪の話ではなく、派遣というビジネスモデルの実態の話になります。

 

よって、テクノプロで一定の経験を積んだのち、その経験が生かせる別の事業会社に正社員として転職するのがステップアップの王道である。

実際、上記のようなステップアップをすると、同じ仕事をしているのに給与だけが上がることは多い。

 

ステップアップのやり方が分からないという場合には、以下の記事を参考にしてほしい。どのような状況からでも、社格を上げてキャリアアップしていくための方法を書いている。

>>キャリアアップの裏技!職歴ロンダリングの教科書

 

テクノプロ社員の方が選ぶべき転職エージェント・転職サイト

テクノプロ社員に限ったことではないが、希望する進路によって、選ぶべき転職エージェントや転職サイトは異なる。

 

齋藤
転職志望先の企業によって、使うべき転職エージェント(や転職サイト)が決まる」ということです。
例えば、「テクノプロ社員だからこのエージェント」ではなく、「大手の事業会社に入りたい人なら、大手企業を得意とするこのエージェント」のように決まります。

 

転職エージェント選びを軽視している人も多いが、彼ら・彼女らは転職が成功するか失敗するかを決める重要なパートナーである。

 

齋藤
良い転職エージェントと出会えるかどうかで、年収だけでなくキャリアまでもが大きく変わります。
それはつまり、人生が変わるということです。

 

良い転職エージェントの条件や出会い方については、「転職エージェントの選び方の教科書|出会い方、絞り込み方、付き合い方まで」に全て書いたので参考にしていただければと思う。

大きくは以下の4つに分かれるであろう転職希望先別に解説しているので、参考になるだろう。

  1. 大企業への転職を希望
  2. 中小企業への転職を希望
  3. ベンチャー企業への転職を希望
  4. 外資系企業への転職を希望

 

まとめ

テクノプロに限らず、派遣会社は長く安心して働き続けるための場にはなりにくい。

実際に、テクノプロを辞めたい社員も、実際に辞めていく社員も多い。

 

テクノプロ後の進路として、大きくは以下の2つがあるだろう。

  1. テクノプロ(平均年収400万円)からメイテック(平均年収521万円)などへの派遣業界内でのステップアップ
  2. 派遣業以外の会社(一般的な事業会社)への転職

 

待遇改善という意味では①もありうるが、筆者としては②(派遣業以外への転職)をおすすめしたい。

本記事に書いてきたテクノプロの退職理由のほとんどは、株式会社テクノプロのみに原因があると言うよりも、派遣業であるということに原因があるものだからである。

 

一歩目をどのように踏み出すべきか、ためらっている方はまずこちらを見ておいてほしい。

参考>>転職がめんどくさいという方へ。ダラダラ転職のススメ。

 

あなたの望む最高の求人は、あなたが転職活動を始めてすぐに入ってくるものではない。

そこで、「転職サイトに登録し、あとは放置して良い求人や良いエージェントがストックされるのを待つ」転職活動の手法であるダラダラ転職が効果を発揮する。

 

未来の自分のために、「今」行動してはいかがだろうか。

【厳選3つ】転職サイトの最適解

おすすめ転職サイト

転職サイト(転職エージェント)は無数にあり、ランキングやおすすめサイトも信憑性が低く、どのサイトに登録すべきか悩む方は多い。

自身が4度の転職を経て30代前半で年収1,800万を達成した経験も踏まえ、人事と転職のプロとしての結論を記載しておきたい。以下の3つの併用が最適解である。

理由は、それぞれ「求人掲載型」「企業からのアプローチ型」「独占求人特化エージェント型」の最大手であり、相互に補完し合って最も効率的に多くの求人をカバーできる組み合わせとなっているためだ。

なお、もし一つだけ選ぶのであれば、何度もお世話になっており、日本最大級の非公開求人を保持するJACリクルートメントを推しておく。

テクノプロ 辞めたい
最新情報をチェックしよう!